人気ブログランキング | 話題のタグを見る
エキサイトイズム

愛と物語が必要なアーバンファーマーズ【スイス特集 4/10】

 Photos=Yoshiro Imai
そのオフィスに入ると、パレットのように色とりどりの野菜が並んでいる。
うわー、、、?
場所はバーゼルの工業団地街。
その中の一室だ。
愛と物語が必要なアーバンファーマーズ【スイス特集 4/10】_a0116902_22462615.jpg
その会社「アーバンファーム」は、起業家が投資を受けて始めた
農園システムで、室内でさまざまな野菜をつくることができるという。
こんな不思議な色のトマトも。
濃緑のストライプが織り交ざった魅惑的な表情(スイカ風とも)。
愛と物語が必要なアーバンファーマーズ【スイス特集 4/10】_a0116902_01421845.jpg
創業したローマン・ガウスさん。
若くてオシャレで、デザイン界によくいそうなタイプ。
愛と物語が必要なアーバンファーマーズ【スイス特集 4/10】_a0116902_22015871.jpg
たとえばトマトは6mもの茎がぐるぐる巻きになり、
一本の苗からたくさん結実する。
愛と物語が必要なアーバンファーマーズ【スイス特集 4/10】_a0116902_23102874.jpg
その秘密は「Fish first」と彼は言う。
この農場はこの小さな水槽とセットで機能する。
農場の裏にあったのは
こんなお風呂みたいな水槽!
愛と物語が必要なアーバンファーマーズ【スイス特集 4/10】_a0116902_22512891.jpg
ティラピアという魚を飼育するシステムで、
この魚が育った水は養分をたっぷり含んでいる。
使用後の水を野菜の生育に使う、というような流れだ。
(技術的な詳細はあまり理解できず)

金魚を飼ってた時、水換えがイヤだったな。
その養分たっぷりな感じを…と思い出したりして。

そして建築も機能する。窓やブラインドが動き、生育に最適な
気温や通風を管理する。
太陽光や気温を読み取るエンジニア。
それを制御するコンピューターシステムが命だ。
愛と物語が必要なアーバンファーマーズ【スイス特集 4/10】_a0116902_23142765.jpg
工業団地の小さな屋上で
野菜と魚がともに育つ小さな’世界’が成立している。
人はそれを「システム」と呼ぶのだろう。
愛と物語が必要なアーバンファーマーズ【スイス特集 4/10】_a0116902_01461540.jpg
システムといえば投資家にはわかりやすい。
けれども印象的だったのは「僕はマイクロソフトになりたくない」という一言だ。
(特定としてマイクロソフト差しているのではなく、大規模なシステムを作って
世界市場を席巻するシステムビジネスの例えとして言っていた)。
愛と物語が必要なアーバンファーマーズ【スイス特集 4/10】_a0116902_01495494.png
this photo by UrbanFarmers AG, 2014

このシステムはプラントなど
大きな規模の産業に応用したいわけではないのだという。
たとえば色とりどりの野菜を使ってアートのような
料理をつくりたいシェフ。
特別な野菜に特化したレストランやお店。
愛と物語が必要なアーバンファーマーズ【スイス特集 4/10】_a0116902_01503168.jpg
this photo by UrbanFarmers AG, 2014

食物の輸送距離を減らしてエコフレンドリーな野菜を売りたいスーパー。
そういった意志のある企業のために
システムを「カスタマイズ」する。
愛と物語が必要なアーバンファーマーズ【スイス特集 4/10】_a0116902_01490108.jpg
this photo by UrbanFarmers AG, 2014

営みたい事業への愛と、
この仕組みから生まれる作物で提供する何かに物語があれば、
このシステムは最高に機能するのだ。
そしてそのシステムそのものがブランドとなり、消費者へのアピールとなる。
愛と物語が不可欠だ。
こんな風に交通広告までしてブランドの認知に努める。
愛と物語が必要なアーバンファーマーズ【スイス特集 4/10】_a0116902_01510557.jpg
this photo by UrbanFarmers AG, 2014

が、実は正直な感想としては導入コスト、
そして「人材」が最も気になる。
農業のこと、水産のこと、気候のこと、
そして何よりコンピュータのこと。
すべて把握している総合的な人材が必要だ。
それも外部ではなく、導入先の内部に、、、。
アグリカルチャーエンジニア。
愛と物語が必要なアーバンファーマーズ【スイス特集 4/10】_a0116902_04390199.jpg
this photo by UrbanFarmers AG, 2014

その辺はどう思うの?
と技術担当に聞いてみたが、
彼の頭の中は目の前の開発で手一杯だ。
人材教育システムはまだ先の話らしい。
「とにかく優秀な頭脳と感性を持った人なら誰でも良い」という。
愛と物語が必要なアーバンファーマーズ【スイス特集 4/10】_a0116902_23131880.jpg
スイスの主要産業は何ですか?
と誰かに聞いた時、
1観光 2薬品化学、
3つ目は頭脳と言った人がいた。
その3番目も一緒にセットにて成功しそう。









取材協力=在日スイス大使館




by kitchen-kokoro | 2015-09-19 09:44 | SWISS スイス特集 | Comments(0)

キッチンジャ―ナリスト、エディター&ライターとして編集や取材執筆にたずさわる、本間美紀のブログです。キッチン、暮らし、インテリア、住まい、食、デザインをつなぎます。
by Miki
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

画像一覧

最新の記事

ブログ
at 2022-01-24 23:43
2019年秋のイベント予定です
at 2019-11-03 09:04
最新刊「人生を変えるINTE..
at 2019-06-29 21:18
2019ハッピーニューイヤー
at 2019-01-07 20:08
ものすごい久々ですけどセミナ..
at 2018-10-29 11:13

外部リンク

ブログジャンル

住まいとくらし
建築・プロダクト

検索

ブログパーツ

  • 掲載の写真の転載不可。

ファン

Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム