エキサイトイズム

タグ:料理 ( 4 ) タグの人気記事

フライパンは「4つ持ち」の時代に?

フライパン4つ持ち、、、、というお話を聞きました。
ノンスティック一つではなく、
料理する内容で、フライパンを使い分ける、、、、というクッキングスタイルが
これからありそう、というお話なんですが、
結構なるほど、と思ってしまいました。

a0116902_11472554.jpg

こちらの不思議なインフォグラフィックの解説含め
リアルキッチン&インテリアのサイトにて執筆しております。

ちなみにこちらはまだ日本で未発売のウッドハンドルのストゥブの鋳物フライパン。
日本の食卓にもそのまま出せそうですね。
a0116902_11472253.jpg


記事はこちらから↓











↓こんな感じのサイトです。宜しくお願いします!
a0116902_11545145.png




[PR]
by kitchen-kokoro | 2016-03-07 11:51 | キッチンツール | Comments(0)

ミーレの新しいオーブンが登場

a0116902_10334458.jpg
渋谷のミーレショールームには年に数回、お邪魔させてもらっている。
このときは門倉多仁亜さんのドイツ料理の実演会。

スチームクッカーは2年ほど前から登場し、
なんとか最近やっと知られ始めたもの。
a0116902_10361993.jpg
こんな風にコンテナに材料を入れて、
スチームを掛ける。
a0116902_10363890.jpg

するとこんな風に煮込まれる。
ここにハンドミキサーを掛ければ
野菜スープの出来上がり。

グリルやオーブン機能はなく、
「蒸す」だけに特化したビルトイン家電。
なにがポイントかというと、100度の蒸気で蒸すだけではなく
40度とか70度とか、微妙な温度をキープし、ふるふると
優しく加熱するという点が、他にはない。

蒸気を使うといっても、
いわゆるヘルシオなど300度の過熱水蒸気で「焼く」
ウォーターヒートオーブンとはまったく違う性格を持つもの。
女子と男子くらい違うかも。

スチーム専用のクッカーなら
肉豆腐などすが入らず、味がふんわりしみこむという。

この辺はキッチンジャーナルにて、
体験ルポ記事を掲載(結構おすすめの記事)。
3年くらいまえにつくった媒体だが
内容はちっともふるくなっていないのに驚く。
キッチンの新製品が認知されるのには時間がかかる。

a0116902_1036598.jpg
大型オーブンは日本のビルトイン家電市場の中ではダントツの人気。
いまは空き缶をつかった背の高いパンを焼いているけれど、
庫内が広いからラクラク入れられる。

そんなミーレからコンパクトで高機能なオーブンも発売になった。
詳細はこちらで執筆した。
料理好きから熱い注目、ミーレのコンパクトオーブン新機種

ミーレのショールーム訪問記は
4月21日発売のマイホームプラス誌(エクスナレッジ)に
掲載予定です!
[PR]
by kitchen-kokoro | 2010-03-16 11:04 | 家電、設備 | Comments(0)

ロールケーキ

細かい用事を片付けるコ忙しい週末。
その合間の最近の楽しみは、ちょっと手をかけた料理をつくること。
a0116902_13385629.jpg
今日は旦那さんがロールケーキに挑戦。
先週、exciteスタッフと飲んだときに堂島ロールやら、
ローソンの売り切れロールケーキやら、ミルキーロールケーキなどの話で盛り上がり、
早速、買ってきて食べていたのだった。

で、うちでもつくれるんじゃないか、ということになり、
夕べのうちにふわっふわの生地を焼いて、冷ましておいた。
a0116902_13431287.jpg
パレットナイフでクリームをしっかり延ばす。本日は豆乳生クリームを使用。
a0116902_1343225.jpg
紙で巻いていくのはのり巻きと同じ要領。めん棒を添える。
a0116902_13433780.jpg
なんかいい感じで巻かれていますよ。
a0116902_1344999.jpg
ワックスペーパーで包んでこれから冷蔵庫で半日くらい寝かせて、落ち着かせます。
a0116902_13442556.jpg

その一方で私がつくっていたものは、こちらのレシピによるグラハムスコーン。
なのにできたものはガーーーーン!
a0116902_1346412.jpg

またをつくってしまった。
現代の石工と呼んでくれ…。

(これはベーキングパウダーを入れるのをすっかり忘れてしまったためと判明。とはいえ、レシピの写真とは大違い…)。
[PR]
by kitchen-kokoro | 2009-10-25 13:39 | ご飯&フード | Comments(1)

イカ疲れ

イカ疲れしています…。

釣り好きな旦那さん(通称ネコさん)が伊豆での釣果を持ち帰る。
スルメイカ2はい、赤イカ2はいを釣ってきて、
夕べはイカの解体に、料理に、塩辛作りに、冷凍作業に終われ…。
a0116902_12324243.jpg

イカの刺身(2種類のイカの味の違いを食べ比べ)、イカと里芋の煮付け(地味だけど定番では)、イカスミソース(とりあえずね)、 イカのマリネ、冷凍用イカロールの準備など。

さばいている間にも、足の吸盤が新鮮でぷりっぷりなので、油断しているとそこらへんのものを吸い付けてしまう。その吸盤をネコさんが小出刃でこりこり削ぎ落として行く。
a0116902_12334086.jpg

昨年、ネコさんの釣り魚専用の包丁をそろえた。結構頑丈な魚のもろもろを、普段使いの包丁でやられちゃかなわん。取り急ぎ小さくても強いヤツ…の小出刃と、
釣った魚がちっちゃくてもなんとかお造りにしてくれよ!と柳刃。ツヴィリング(ヘンケルスのブランド)が海外輸出向けに開発し、日本の関市で製造しているという「雅」というシリーズ。だからなぜか不思議にモダンな和包丁なのだ、これ、

イカの刺身は某料理研究家の教えに習って、エキストラバージンオリーブオイルと美味しい塩、柚子胡椒で味わう。本家のネタはたたいて、クレソンのみじん切りと和えるお料理でした。

今日のお昼はイカスミリゾット。
ポワソンブイヨンのキューブに味を助けてもらいつつ…。ネコさんはイカスミはケミカルな味がするという。
a0116902_12335458.jpg

イカのマリネは勝手気ままに身の表面に切り込みを入れて、
さっと湯がいてオリーブオイルやらレモン汁やらであえる。
a0116902_12341868.jpg

まあどうも、このイカという生き物、中に透明樹脂のようなポリカーボネート系の骨がはいっていたり、本体もムニムニだし、ケミカルだよね、どこか。

週末はイカの作業に、イカ料理に、そしてなによりイカをひたすら食べるのに疲れた。
ほんと、イカ疲れ。
[PR]
by kitchen-kokoro | 2009-02-01 16:33 | ご飯&フード | Comments(0)

キッチンジャ―ナリスト、エディター&ライターとして編集や取材執筆にたずさわる、本間美紀のブログです。キッチン、暮らし、インテリア、住まい、食、デザインをつなぎます。
by Miki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

本間美紀の本 

リアルキッチン&インテリア シーズンⅡ(小学館)発売中

リアルキッチン&インテリアⅠ(小学館)

内容はこちらでも紹介しています!

外部リンク

ブログジャンル

住まいとくらし
旅行・お出かけ

検索

ブログパーツ

  • 掲載の写真の転載不可。

ファン

Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム