エキサイトイズム

タグ:キッチン ( 12 ) タグの人気記事

フライパンは「4つ持ち」の時代に?

フライパン4つ持ち、、、、というお話を聞きました。
ノンスティック一つではなく、
料理する内容で、フライパンを使い分ける、、、、というクッキングスタイルが
これからありそう、というお話なんですが、
結構なるほど、と思ってしまいました。

a0116902_11472554.jpg

こちらの不思議なインフォグラフィックの解説含め
リアルキッチン&インテリアのサイトにて執筆しております。

ちなみにこちらはまだ日本で未発売のウッドハンドルのストゥブの鋳物フライパン。
日本の食卓にもそのまま出せそうですね。
a0116902_11472253.jpg


記事はこちらから↓











↓こんな感じのサイトです。宜しくお願いします!
a0116902_11545145.png




[PR]
by kitchen-kokoro | 2016-03-07 11:51 | キッチンツール | Comments(0)

マテリアルに関するコラム@MRCデュポン…が完成しています

MRCデュポンのウェブサイトで
昨年一年間こつこつと書き溜めていた
コラムが完結してまとめて読めるようになっています。

建材、インテリア材料…は実は
毎日の暮らしで肌感覚で存在するものです。
なのにその選び方があまりにも
流通、コスト、効率優先。
家をつくる側は施工の瞬間、
住まい手は見積もり表の数字を見る瞬間でしか
判断していません。
でももう少し立ち止まってみよう…というところから
始まった企画です。
a0116902_10260309.jpg
が、実は一生のおつきあいになるのが
住まいのマテリアルです。
キッチンのワークトップ材料では
主流の一つ人工大理石。
そのTOPブランド「コーリアン」の色から
暮らしの中のマテリアル選びの考え方を
綴っています。

a0116902_10254614.jpg
毎月ボックスを眺めながら
日々の取材での見聞を落とし込む作業は
パズルのようでもあり。

コーリアン担当者のSさんは、
そんじょそこらの編集者以上の
引っ張る力、こちらの持ち味を生かす力で
心地よく原稿を書かせてくれ、
しかも辛抱強く締め切りも待ってくれました。

キッチンや建材を直接イメージさせない
意外なビジュアル素材も多用しているのが
ポイントです!

そんな1年が結実した 
コーリアンのコラムはこちらから。




            


[PR]
by kitchen-kokoro | 2015-03-05 16:30 | キッチン | Comments(0)

スナイデロ ピニンファリーナのキッチン

車のデザインで知られるピニンファリーナ。
スナイデロで彼が手がけているキッチンの
新作が整ったようです。
昨年のミラノサローネで試作が出ていたもの。
a0116902_23125596.jpg

a0116902_23161921.jpg
あくまでも男性好みな感じですが…!
[PR]
by kitchen-kokoro | 2011-05-13 23:17 | 海外キッチン | Comments(0)

東京デザイナーズウィーク2009

昨日取材して、ゆうべがんばって出稿した記事が、
すでにエキサイトイズムに掲載に。
東京デザイナーズウィーク2009 速報レポート
a0116902_11451999.jpg
今年、エキサイトイズムではこのデザインレポート期間中に
私を含めた何人かの専門ライターを派遣して、
がんがんオンタイムでアップデートしていくという
ウェブならではの報道を展開中。
a0116902_11452739.jpg

そんなわけで夕べもネムネムでした…。
a0116902_11453637.jpg
キッチン関連では東京ガスがコンセプトキッチンを展示していた。
これはビルトイン圧力炊飯釜?
a0116902_11454377.jpg
ユーロクチーナで見られるアイディアが、
ようやく日本でもかたちになり始めたという印象。
a0116902_11455142.jpg
リンナイの新作ガスもこんなふうにプレゼンテーション。

スペインデザインもおすすめです!
スペイン大使館「I'm in Love」
[PR]
by kitchen-kokoro | 2009-10-31 11:54 | 見本市 | Comments(0)

ウェブコラム「my style, my kitchen」が始まりました

a0116902_11442585.jpg
東京ガスが運営している住まいづくりとライフスタイルのサイトで、
my style, my kitchen 」というコラムの連載が始まりました。
本間が過去に訪ねたキッチンの中から、
心に残った人とキッチンを改めてフォーカス。

キッチンのこころを読み解いていきます。
月に1回の更新で5回連続の予定です。

コラムはこちらから
my style, my kitchen

photo special thanks=Hiroshi Endoh
[PR]
by kitchen-kokoro | 2009-10-26 11:45 | キッチン | Comments(0)

ロールケーキ

細かい用事を片付けるコ忙しい週末。
その合間の最近の楽しみは、ちょっと手をかけた料理をつくること。
a0116902_13385629.jpg
今日は旦那さんがロールケーキに挑戦。
先週、exciteスタッフと飲んだときに堂島ロールやら、
ローソンの売り切れロールケーキやら、ミルキーロールケーキなどの話で盛り上がり、
早速、買ってきて食べていたのだった。

で、うちでもつくれるんじゃないか、ということになり、
夕べのうちにふわっふわの生地を焼いて、冷ましておいた。
a0116902_13431287.jpg
パレットナイフでクリームをしっかり延ばす。本日は豆乳生クリームを使用。
a0116902_1343225.jpg
紙で巻いていくのはのり巻きと同じ要領。めん棒を添える。
a0116902_13433780.jpg
なんかいい感じで巻かれていますよ。
a0116902_1344999.jpg
ワックスペーパーで包んでこれから冷蔵庫で半日くらい寝かせて、落ち着かせます。
a0116902_13442556.jpg

その一方で私がつくっていたものは、こちらのレシピによるグラハムスコーン。
なのにできたものはガーーーーン!
a0116902_1346412.jpg

またをつくってしまった。
現代の石工と呼んでくれ…。

(これはベーキングパウダーを入れるのをすっかり忘れてしまったためと判明。とはいえ、レシピの写真とは大違い…)。
[PR]
by kitchen-kokoro | 2009-10-25 13:39 | ご飯&フード | Comments(1)

Perfect Kitchen 実例記事の紹介

10月9日発売の「Perfect Kitchen」、やっとアマゾンにも登場しました。
「パーフェクトキッチン」

今回はビジュアル本ということで、キッチンの写真もできるだけ多く掲載した。
巻頭はキッチンファイルという連載のベストセレクション。
a0116902_10113148.jpg
これは本文を後ろにまとめ、事実関係を重視した「客観の文章」、
編集側からの評価、感想を加えた「主観の文章」の二つを掲載するという
スタイルを取ってみた。
たいていのハウジング誌は「ベタべタ甘い客観の文章」を本文にしているから、
その辺から抜け出してみたいというトライアル。

a0116902_21363529.jpg

「キッチンセレクション」というページもある。
マイホームプラスは建築家住宅の最新実例がもりだくさんのハウジング誌。
その中でキッチンの連載や特集を担当しているのだけれど、
今回はこれまでマイホームプラスが取材してきた「全実例」の中から、
ベストキッチンをセレクトしては?という面白い提案があり、
たくさんの中から数件に絞り込んだ。
そんな実例セレクションも掲載している。
けれどもこれ、とても難しかった!なにがどういいキッチンなのか?
最大公約数的にまとめていくのは難しい。
ということで、独断と偏見(笑)、かもしれない。
[PR]
by kitchen-kokoro | 2009-10-08 10:10 | これまでに出した本 | Comments(0)

イタリアの新作キッチン DADA

a0116902_9274087.jpg
DADAの新しいキッチンのニュースが、イタリアから届いていた。
Second Livingとしてのキッチンとかなんかとか。まだリリースをよく読んでない。
DADAは家具のモルティーニ(アクタスで扱い中)と同じグループだけど、
リリースのヘッドにはドイツのヴィトラのブランドロゴもある。
なにかコラボしたのかしら?

アビターレ・イル・テンポ(ヴェローナ国際家具見本市)で発表したらしい。
昨年、取材で訪れた見本市だけれど、
意外にイタリアキッチンが充実した見本市だったのを覚えている。

写真が素敵なのでとりいそぎUP。
[PR]
by kitchen-kokoro | 2009-10-04 01:16 | 海外キッチン | Comments(1)

益子の小さなキッチン

a0116902_1244269.jpg
益子の楽しみはセンスのいいギャラリーや、昔ながらの陶器のお店めぐり。
その一つ、Gプラスツーノウツでは、こんな素敵なキッチンが什器に。

a0116902_1244238.jpg
力強い益子焼がそろう大誠窯は、かなりおすすめ。本物志向の陶器が充実。

a0116902_1244148.jpg
もえぎもモダンなセンスと和の感覚が濃縮。ガーデンがあって奥が深い。

そして「土祭」の仕掛人でもある馬場浩史さんのお店、ギャラリーがスターネット
a0116902_12443627.jpg


a0116902_12444532.jpg
陶器の販売や雑貨のほか、お茶のカフェ、鍼灸院まで併設された癒しの場所。
お客さんもお洒落カップルが多かった。東京ナンバーの車も駐車場にいっぱい。

益子の街、今度は車で出かけて、陶器のお買い物を楽しみたいな。
[PR]
by kitchen-kokoro | 2009-10-02 08:58 | キッチン | Comments(0)

食器洗い機とドイツの子ども

a0116902_1554121.jpg

日本でも普及し始めている、ビルトイン式の食器洗い機。
数年前、ドイツの食器洗い機ミーレ社の本社の取材に行ったことがある。
ミュンスターから車で1時間くらいだろうか。

その時、楽しかったのが本社内のおみやげコーナー。
ミーレのロゴの入ったグッズがたくさん売っていた。
ロゴ入りの缶ケース、キーホルダー、クロス…。
その中で目を引いたのが、子供用のおもちゃ。
食器洗い機、ドラム式洗濯機、クックトップ&オーブンがそろっている。
ドイツの子どものおままごとはこんなもので遊ぶ。
子どもの頃からキッチンや住まいに関して、こんな生活文化を学ぶのだ。

日本でも渋谷のミーレのショールームに、このおもちゃが置いてある(販売はしていない)。
水を入れることができる本格派で、
ミーレの人気パーツの一つ、カトラリートレイまでついているのがスゴい!

ドイツの人と話す機会が多いけれど、食器洗い機のエピソードには事欠かない。
まず食器洗い機は引っ越しするとき持っていく(もちろんビルトインタイプなのにです)。

というか、キッチンも引っ越しする時もっていくのがドイツ。
賃貸のアパートであっても、キッチンはその人の暮らしにあったものを
据えるべきというドイツでは、キッチンは備わっていないことが多いという。
(引っ越し前の部屋に家電や家具が備わっていないのと同じこと)。

知人の日本人は、夫の赴任で苦労してドイツにやってきて、
滞在先の部屋にキッチンがないのにびっくり。
あわてて注文しても、日本の「早い安い」的な設備のキッチンはない。
キッチンはその人の暮らしに合わせて作る「家具」であるから、
扉か設備まですべてを使う人が選んで注文する。
だから設置までに3週間から1ヶ月は掛かる。
キッチンが届くまでの間、あの手この手で過ごした…という話を聞いた。

輸入キッチンと国産キッチンの考え方の違いは
上の話からも読み取れるかも。

離婚のときの財産分与で食器洗い機が対象になるのは当たり前の話。
車はどっちが持っていくか?くらいの感覚だそうだ。
これに関してのエピソードはまたいずれ。
[PR]
by kitchen-kokoro | 2009-07-11 15:52 | 家電、設備 | Comments(0)

キッチンジャ―ナリスト、エディター&ライターとして編集や取材執筆にたずさわる、本間美紀のブログです。キッチン、暮らし、インテリア、住まい、食、デザインをつなぎます。
by Miki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

本間美紀の本 

リアルキッチン&インテリア シーズンⅡ(小学館)発売中

リアルキッチン&インテリアⅠ(小学館)

内容はこちらでも紹介しています!

外部リンク

ブログジャンル

住まいとくらし
旅行・お出かけ

検索

ブログパーツ

  • 掲載の写真の転載不可。

ファン

Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム