エキサイトイズム

男っぽい

男っぽい!かな、ちょっと。なんて。
a0116902_0222330.jpg

業務用のキッチンのメーカーとしては、
トップメーカーのタニコーさんが
開発した家庭用のキッチン。
そのショールームオープンに参加。
オールステンレスでプロの厨房ふう。
カスタマイズもできるので、
サイズ、仕様は調整できる。
a0116902_0212518.jpg

ブラックのキッチンは
ipodとかにつかわれている酸化皮膜発色で色を出している。
ステンレスの表面の塗膜の厚さと光の反射率で「眼に見える」色を出す、
この技術、20代の頃に産地まで取材に行ったっけ。
今では広い範囲で応用されている。

キッチンの技術一つにもいろいろな思い出がある。
あまりよくわかってないことも多いけど…。
a0116902_0225537.jpg

この辺の収納の仕様はほんとに業務用のノウハウを感じる。
料理もエプロンなんかじゃなくて、
白いうわっぱりにネクタイ、ナガグツを履いて、
料亭の板前風に決めたいかも。
[PR]
# by kitchen-kokoro | 2009-03-04 00:21 | キッチン | Comments(0)

雪ふるような

デンマークのルイス・ポールセンから、ルイーズ・キャンベルの照明新作が発表になった。
a0116902_15224227.jpg
夕暮れを狙って、照明の美しさを見せるお披露目パーティ。

北欧の平原の下から上へ舞い上がる吹雪のような。
桜の花びらの舞う、花見の宴の夜のような。
a0116902_15232100.jpg

そんな不思議な意匠と、これまでにないフォルムを持つ「スノー」。
北欧の家具とキリムを販売しているギャラリー「ロゴバ」で開催された。
a0116902_15225371.jpg


詳細はこちらで!
吹雪か花舞か、ルイス・ポールセンの新作照明「スノー」
[PR]
# by kitchen-kokoro | 2009-02-26 18:00 | 家電、設備 | Comments(0)

コンパクトでラグジュアリー

コンパクト。
日本の住まいの永遠のテーマだけど、
これまでコンパクトという言葉は、安かろう悪かろうの、
簡易施工型の安価なキッチンを
いいように表現する言葉だった。

が、INAXから登場したコンパクトキッチン「CL」は、ちょっと違った。

a0116902_15405046.jpgキッチンでの動線を壁面にO型に「貼付ける」ことで、手の届く範囲でぐるりと、キッチンの作業動線を結んでしまった。
しかも、キッチンが室内にせり出す範囲は、とても少ない。

かといって機能重視なだけではなく、デザインもインテリアに家具的に溶け込むものとなっている。

いわゆる量産型の国産メーカーのキッチンの中では、ちょっとしたスマッシュヒット。

小さくて軽快だけど、空間の質をきちんと整えてくれる。
これがコンパクトラグジュアリーだという。

a0116902_15431581.jpg

この写真の参考プランで約310万円だそう。
[PR]
# by kitchen-kokoro | 2009-02-24 15:41 | キッチン | Comments(0)

キッチンジャ―ナリスト、エディター&ライターとして編集や取材執筆にたずさわる、本間美紀のブログです。キッチン、暮らし、インテリア、住まい、食、デザインをつなぎます。
by Miki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

外部リンク

ブログジャンル

住まいとくらし
旅行・お出かけ

検索

ブログパーツ

  • 掲載の写真の転載不可。

ファン

Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム