エキサイトイズム

水栓金具はキッチンツール


 水栓はキッチンツール。その持論を持つ水栓オタの私。
そんな私が13年ぶりに水栓金具をリニューアルしてみました。
だって、毎日さわるし、水が垂れたり、気に入らないと気になることがたくさん。
でもこれは手元で「カチカチ」できるんですよ。
a0116902_19374005.jpg
そのレポートをこちらにて執筆しています!
ちょっとリンクが繋がりにくいですが
一般家庭の事例、から見てみてくださいね。







[PR]
# by kitchen-kokoro | 2017-08-15 19:43 | 家電、設備 | Comments(0)

包丁も夏休みを取るのが良いのですって

包丁も夏休みを取るのが良いのですって、、、、

なんてそれっぽく言ってみましたけれど、毎日、働いている包丁もリフレッシュが必要です。
うちは夫が包丁研ぎが好きなのですが、できればプロに任せたい。
包丁にも夏休みを取ってもらおうと思います。

今時の包丁はそれなりのお値段のものであれば初回の研ぎ直し券が付いています。
三星刃物の「和(NAGOMI)」も付いていました(三徳とペティ)。
ということでお盆休みでちょっと時間がある今日は梱包をして、研ぎ直しに出してみようと思います。
買った時の箱に入れれば安心です。
a0116902_14562062.jpg


なので包丁はもともと入っている箱は捨てない方がいいと思います。

研ぎ直しは以前、ツヴィリングのツインセルマックスでもお願いしたことがあります(10年で3回ほど出しているでしょうか)。
あちらは金属を粉体にして固めた特殊な刃なので、家庭で研ぐのはちょっと緊張してしまうのですよね。
スパーっとすごい輝きで戻ってくると、やる気が出ました。

何度も書いてますが、「和」のいいのは、刃が適度に柔らかく、肩に力が入らない感じ。
そのうちに自分で研げるようになればいいのですが、、、。

きになるのは2回目以降の有償の研ぎ代の目安、それとパン切り包丁も研ぎ直しができるのかどうか。
良いものはメンテナンス費用も考えて、おつきあいしたいと思っています。
a0116902_14452375.jpg
ちょうどお盆休みに入ってしまって職人さんもお休みでしょうか。
どれくらいで戻ってくるのか、そちらもまた報告したいです。


[PR]
# by kitchen-kokoro | 2017-08-14 14:53 | キッチンツール | Comments(0)

8月30日に蔦屋家電二子玉川でトークショーが決まりました!

『デザインキッチンの新しい選び方』出版記念~本間美紀×清水克一郎トークイベント

8月30日 19時~@蔦屋家電二子玉川

参加申し込みはこちらから


a0116902_14564712.jpg

『デザインキッチンの新しい選び方』の出版を記念し、著者の本間美紀さん(キッチンジャーナリスト)と、「予約の取れないオーダーキッチン」として知られるアムスタイル主宰の清水克一郎氏によるトークイベントを開催します。

トークのテーマは「キッチンから考える、これからの住まいづくり」。

今、キッチンが面白い! 家を建てたい、リフォームがしたい。その大きなきっかけが、憧れのキッチンという人は増えるばかり。そんな要望に応えるように、デザイン性の高いキッチンの選択肢が広がっています。

食とインテリアをめぐるライフスタイルと連動して進化する日本のキッチン。その最新事情と新しいキッチン選びの考え方を、300件以上のキッチンを取材した本間氏が解説。ゲストにアムスタイルの清水氏を迎え、リフォームや家づくりを検討中の人はもちろん、キッチン・住宅・インテリア関係のプロの方にも明日から役立つ情報をお話しします。



【日時】

2017年8月30日(水) 19:00~20:45(18:45開場)


【会場】

二子玉川 蔦屋家電


【出演】

本間美紀(キッチンジャーナリスト)

清水克一郎(amstyle/アムスタイル主宰)


【対象】

家づくり・リフォームを検討中の人、キッチン関係者、ハウスメーカー、建築家、インテリア関係者


【定員】50名


【料金】

1)書籍『デザインキッチンの新しい選び方』(2592円/税込)

2)イベント参加券(1,000円/税込)


【プロフィール】

本間美紀

キッチンジャーナリスト。早稲田大学第一文学部卒業後、インテリアの専門誌「室内」編集部に入社。独立後はインテリア視点からのキッチン、家具、住まい、家電、キッチンツールまで、デザインのある暮らしの取材を得意とし、建築家住宅の取材は300件以上、ユーザーとメーカー、両サイドからのインタビューを重視し、ドイツ、イタリア、北欧など海外取材、セミナー活動も行う。


清水克一郎

アムスタイル主宰。1961年生まれ。慶應義塾大学中退後、音楽制作などの仕事を経て、1999年、日本で最も極上なキッチンで知られるオーダーキッチンブランド「アムスタイル」を代官山に立ち上げる。ものとしてだけではなく、依頼主との丁寧なやりとりに定評があり、件数をあまり受けられないため、「予約の取れないオーダーキッチン」として知られる。





[PR]
# by kitchen-kokoro | 2017-08-04 14:57 | キッチン | Comments(0)

キッチンジャ―ナリスト、エディター&ライターとして編集や取材執筆にたずさわる、本間美紀のブログです。キッチン、暮らし、インテリア、住まい、食、デザインをつなぎます。
by Miki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

外部リンク

ブログジャンル

住まいとくらし
建築・プロダクト

検索

ブログパーツ

  • 掲載の写真の転載不可。

ファン

Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム