エキサイトイズム

<   2016年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

温かなグルメウェアーエミール・アンリ

温かなグルメウェア、エミール・アンリ。
そのフランスでの訪問記を執筆しました・
ウェブマガジン リアルキッチン&インテリアからどうぞ

こちらから!

a0116902_10085026.png

















[PR]
by kitchen-kokoro | 2016-03-30 10:10 | 器など | Comments(0)

撮影、執筆が久々に佳境です

12月くらいからやや、のんびり目に過ごしていましたが、3月は久々にピークですね。

広島出張や週末の撮影。
その他、2月に取材した分の仕上げなどなど。

でもでも。
カワハギ肝和えとか。
a0116902_00105441.jpg
フォークを入れるととろーんとなる
オムレツとか。
a0116902_00101233.jpg


ネギ追加の尾道ラーメンとか。

a0116902_00102961.jpg
食欲が衰えないのが、あれですかね。


[PR]
by kitchen-kokoro | 2016-03-28 00:43 | ご飯&フード | Comments(0)

日曜日ワイン

タコとイカとセロリのマリネ。
イカと柚子胡椒とクレソンの和え物。
a0116902_20365412.jpg
鋳物のスキレットで、舞茸と牛肉を熱にギューギューと
押し付けて焼く。
黒こしょうガリガリ挽いて、食べる。
荒すぎる胡椒がカキーンと歯にあたるくらい荒くてOK!
a0116902_20422337.jpg
冷え冷えの白ワインとー。




[PR]
by kitchen-kokoro | 2016-03-20 20:36 | ご飯&フード | Comments(5)

キッチンツールの記事がフェイスに綺麗に揃ってます❤️

記事を書いたり作ったりするのが、ほんと、おたく的に好きな自分、、
と思うのは、ウェブマガジンのフェイスが9本、綺麗にキッチンツールの記事で
そろえられた時。どの記事も自信あります!
是非是非楽しんで読んでください。



a0116902_17503879.png


[PR]
by kitchen-kokoro | 2016-03-18 17:52 | キッチンツール | Comments(0)

ガストロノミーから生まれた鍋 モヴィエル

ずーっとずーっとモヴィエルの鍋を見続けていましたが、
その本質を理解するのに3年かかりました。
それくらい価値のあるお鍋です。
a0116902_11345466.jpg
ドイツのお鍋が料理を選ばない、機能性、実用性に優れた鍋だとしたら、
フランスの鍋はちょっと気難しい。けれども本当の美食を引き出すために、
使い人も選ぶ。
どっちがいい悪いではなく、自分に何があっているか。
それが本当に大切なのが鍋選びです。

a0116902_11344634.jpg
そんなフランスの美食鍋・モヴィエルのレポートをこちらで
鋭意、執筆中です。↓050.gif

モヴィエルーガスロトミーから生まれた鍋

[PR]
by kitchen-kokoro | 2016-03-17 11:38 | キッチンツール | Comments(0)

春の魚

3月はお仕事ギッシリ。
久々にオンモードで突っ走ろうと思っていました。

が、先週の急な寒さの中、うっかり風邪につかまって
つまづいてしまった。。。!
勢いづいてつまづくと、おっとっとと、、、と戻るのも難しい。
a0116902_23142793.jpg

先月から少し気の滅入ることもあって、だましだまし走ってきましたが、
こうやってつまづく。
というか、それを考えないようにして走ろうと、ちょっとがむしゃらに
エンジンかけたら、プスンプスン、という感じよね。

今夜は本当は仕事の調子を取り戻さなければなりませんが、
お尻に火がついたまま、就寝することにします。
(日曜日の夜に仕事をするのが、本当は大好きなんです。シーンとしていて)

日曜日の夜は春のお魚。
鯛を蕪と蒸したもの。
で始めたプリップリのホタルイカ。
春キャベツのサラダなどなど。

































そんなわけでおやすみなさい。
[PR]
by kitchen-kokoro | 2016-03-13 23:21 | ご飯&フード | Comments(0)

リッツ・カールトン大阪ステイ 02 ご飯編

もうどこのホテルでもそうだけど、朝食ビュッフェには
チャイナ系がいっぱい。これはドイツでもフランスでも。

リッツカールトンのパンは本物な感じがする。
ふにゃふにゃなそれっぽいパンじゃない。小麦香る、少し硬い噛み締め系。
いくらでも食べたいな、丸ごとかぶりつきたい。
a0116902_16225683.jpg
大きいホテルだから卵料理のリクエストができる。エッグベネディクト。
チーズの帽子をかぶってる。
周りにビュッフェからサラダを盛って、
とろりと流れた黄身をドレッシングみたいに絡めて食べる。
こうやって集中できるから、一人の食事がとてもすき(孤独のグルメか、、、)。
a0116902_16212365.jpg
おかゆや和食、ナシゴレンや中華焼きそば、シューマイなど
アジアからの来客仕様のメニューもたくさんあった。
実はナシゴレンがとても美味しいと思った。
a0116902_16224801.jpg
コーヒーのお代わりを頼んだら、あっ、これこれ。
ドイツのアルフィのポット。国民的なバキュームジャグ。
日本でも買えますよ!
a0116902_16221046.jpg
ランチは特別に入れるラウンジのフードプレゼンテーションに行ってみた。
朝食、軽いランチ、アフタヌーンティ、アペタイザー、夜のスイーツと
5つの時間帯に分かれた
フードプレゼンテーションがあり、
ラウンジ利用者の同伴客は1プレゼンテーション5000円で利用可能。
実は前日はここでかるーく泡ワインをいただきました。
出張の緊張が解けてリラックスしましたー。

ラウンジはフリーフードで、ランチはスープやひとくちそばなどの主食。
a0116902_16211397.jpg
こんな風にオードブル(サンドイッチやピクルスなど)も。
a0116902_16212834.jpg
いただかなかったけどスイーツもありました。
結構お子さん連れが多く、ビジネスというより
家族の利用が多い感じでしたね。
a0116902_16210555.jpg
ラウンジでの軽いランチの後、翌日に備えて新幹線にさっと乗って帰京しました。
ほとんどリッツの中だけで過ごした大阪。
たまにはこんな出張もあるかな。



リッツカールトン大阪 お部屋編はこちらから





とっておきのキッチン&インテリア案内『REAL KITCHEN&INTERIOR SEASON IV』 (小学館SJ・MOOK)

本間 美紀/小学館

undefined






[PR]
by kitchen-kokoro | 2016-03-10 10:00 | ご飯&フード | Comments(0)

リッツカールトン大阪 ステイ 01 お部屋編

先日、仕事のご縁で大阪のリッツ・カールトンに泊まることになりました。
出張が多いので、ホテルにはよく泊まりますが、日本ではビジホ、
海外では時間に追われて、あまりゆっくり写真を撮る機会がありません。
しかし今回はサービスで世界に知られた大阪リッツですから
少ししっかりと滞在してみることにしました。

まずはキー。シンボルのライオンが彫り込まれた
しっかりしたキーで、今回は上階のラウンジも使えるお部屋でした。
a0116902_22593496.jpg
お部屋はなんと角部屋。見えるのが大阪梅田の風景、というのがアレですが
エグゼグティブ気分ですね(全くエグゼグティブではありませんが)。
a0116902_23002702.jpg
ちょっと意外だったのは家具は超クラシック。
ジョージアン調?ヴィクトリアン調?
極甘の直球クラシックとも違う、少し英国風というかウィーン風というか
辛口のクラシックです。
a0116902_23013023.jpg
家具は淡いブルーでアップホルストリー。
ベッドカバーなどもブルーが効かせてありますね。
a0116902_15472881.jpg
洗面はダブルボウルです。
一人利用ですが。トイレはきちんと個室で、
バスタブの他にシャワーブースがあります。
頭上からジャーーーーッとシャワーが出てくるのがいつも怖くて
シャワーブースは利用しませんでした。ハンドシャワー&バスタブ派です。
アメニティは英国のラグジュアリーブランド「アスプレイ」のものでしたが、
初めて知りました。
タオルはもちろんライオンマークの刺繍入り。
a0116902_23020537.jpg
夜部屋に戻るとちゃんとターンダウンサービスがありました。
これはベッドカバーやクッションで「昼仕様」だったベッドを
寝るように整え直してくれるサービス。
a0116902_16224435.png
間接照明の様子もご覧くださいませ。
a0116902_23022341.jpg
クローゼットは引き戸を開けるタイプで、これは家にもとりれたいアイディアです。
さらさらコットンのオリジナルパジャマは着心地よかったです。
a0116902_23061366.jpg
ビジネスデスクはクラシック調なのに、中の引き出しまで無垢の彫り込み。
電源は各種の端子も備えられていました。
個人的にはガラスの天板が好きではありませんが。
a0116902_23034538.jpg

ラウンジでのフードプレゼンテーションや朝食はまた続きます。







とっておきのキッチン&インテリア案内『REAL KITCHEN&INTERIOR SEASON IV』 (小学館SJ・MOOK)

本間 美紀/小学館

undefined






[PR]
by kitchen-kokoro | 2016-03-09 09:08 | いろいろな仕事 | Comments(2)

まずは眺めるだけでも! 

私のウェブマガジン「リアルキッチン&インテリア」で
世界の素敵な生活雑貨&キッチン周りのアイテムの
最新情報をレポート中です。

まずは眺めて、美しい写真や面白い発想を楽しんでくださいませ!

リアルキッチン&インテリア
a0116902_22474614.png
















[PR]
by kitchen-kokoro | 2016-03-08 15:24 | キッチンツール | Comments(2)

フライパンは「4つ持ち」の時代に?

フライパン4つ持ち、、、、というお話を聞きました。
ノンスティック一つではなく、
料理する内容で、フライパンを使い分ける、、、、というクッキングスタイルが
これからありそう、というお話なんですが、
結構なるほど、と思ってしまいました。

a0116902_11472554.jpg

こちらの不思議なインフォグラフィックの解説含め
リアルキッチン&インテリアのサイトにて執筆しております。

ちなみにこちらはまだ日本で未発売のウッドハンドルのストゥブの鋳物フライパン。
日本の食卓にもそのまま出せそうですね。
a0116902_11472253.jpg


記事はこちらから↓











↓こんな感じのサイトです。宜しくお願いします!
a0116902_11545145.png




[PR]
by kitchen-kokoro | 2016-03-07 11:51 | キッチンツール | Comments(0)

キッチンジャ―ナリスト、エディター&ライターとして編集や取材執筆にたずさわる、本間美紀のブログです。キッチン、暮らし、インテリア、住まい、食、デザインをつなぎます。
by Miki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

画像一覧

最新の記事

リアルキッチン&インテリア ..
at 2017-11-21 17:05
11月24日 17時〜蔦屋家..
at 2017-11-13 18:49
久々の更新です
at 2017-11-04 17:07
10月12日 14時から 大..
at 2017-10-03 23:18
ドイツキッチンの取材に来てお..
at 2017-09-20 14:17

外部リンク

ブログジャンル

住まいとくらし
建築・プロダクト

検索

ブログパーツ

  • 掲載の写真の転載不可。

ファン

Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム