エキサイトイズム

<   2014年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

アンビエンテ後編です

アンビエンテの後編記事がアップされました。
a0116902_17542658.jpg


こちらでご覧ください。
福島リラさんってご存知ですか?
[PR]
by kitchen-kokoro | 2014-02-28 17:56 | 見本市 | Comments(0)

ル・クルーゼ―黒、藍、パステルカラー

フランスの鋳物鍋、ル・クルーゼはカラー展開にとっても積極的です。
ドイツのアンビエンテでも、日本には未着の新色がたくさん出ていました。
これはアメリカ市場向けの色で
パームというヤシの木をイメージしたグリーン。
a0116902_18421775.jpg

で、日本のマーケティングもとても頑張っていて、
日本市場向けの色というのもあります(これは日本の新作展から)。
たとえばこの黒やネイビー。
a0116902_18394322.jpg

漆器や藍という文化を持つ日本は、
こういった濃い色を食卓で使うことに
昔から慣れているように思えます。
a0116902_18405855.jpg

日本での新作をこちらで執筆しました。
パートナーと使いたい、シックなルクルーゼ新作

a0116902_1841955.jpg

フレンチパステルもこの春から
日本のお店に並ぶそうです。

a0116902_18384943.jpg
新作展の会場では、
フレンチパステルの食器のイメージに合わせて、
こんな愛らしいケーキが、ルクの食器とコーディネートされていました。
こういうのって
何歳になっても憧れのケーキですね(食べると甘いんだけど…)。
[PR]
by kitchen-kokoro | 2014-02-24 18:43 | キッチンツール | Comments(0)

ドイツから戻りました

海外のメニュ―、特にドイツ語はおみくじの言葉のようです。
わかるようでドキドキしてしまう。
どうとでも自分の都合のいいように
解釈した献立と思って頼んで、想像通りではないことが多々。
でも今回はわりあい成功です。

豚肉のメダイヨン、サヴォイキャベツとセージのソースで。
ポテトグラタン添え。
a0116902_2316497.jpg
小さなグラタンも中は熱々。こういった配慮はフランス料理並み。

レモンバタービーフと人参のピュレ、ローズマリー風味。
a0116902_23173836.jpg
この人参は味が強くて、舌をストレートで攻めてきます。

実は今回、ドイツ料理が全般的に洗練されておいしくなったと思いました。
またジャパンイヤーなので日本料理も多々いただいだのですが、
お寿司とか日本と遜色ないおいしさ。
ちょっと驚きました。
[PR]
by kitchen-kokoro | 2014-02-17 23:19 | 海外出張 | Comments(0)

海外の直球ニッポン

a0116902_1174926.jpg


アンビエンテ開幕の速報記事を早速公開中です。

初日には2500人が集まったガラディナーがあり、
デザイナーの橋本夕紀夫さんをはじめ、要人があつまり鏡開き。
日の丸、桜、日本酒。
直球な日本の表現…は久々に見ます(笑)。

a0116902_133127.jpg
この後は和太鼓やコスプレキャラのショーを展開。
思うんですけど、コスプレって西洋人がやると
はまりすぎて、むしろコスプレに見えません。

長屋風のジャパンスタイルゾーン。
a0116902_118436.jpg



会場のメッセフランクフルト見本市会場の入り口には
ドイツとEUに並んで日本の国旗も何本も掲げられ、
ジャパンイヤーを盛り上げます。

a0116902_1233190.jpg

とはいえ、会場にはこんな
ジャパンカフェも。すごい〜(汗)!
(漢字はともかく、白い空間に赤い丸テーブル…!)
ソチオリンピックに負けないがんばれニッポン状態です。
[PR]
by kitchen-kokoro | 2014-02-11 01:25 | 海外出張 | Comments(0)

あらためて料理に恋をする

料理は毎日のルーティーンだ。
仕事の集中力が切れたとき、
もくもくと作業したり、冷蔵庫の残り物で
献立を考えるのはリフレッシュする作業。

とはいえ、あくまでも平凡な日常の
中の一つ。もう最近は行き詰まっていて
今日の夕飯、何を作っていいかわからないよーという
シュフの叫び。そんな気持ちで旅立っている。

今までも見てきたもので
昔は感動してたけど、
なんか当たり前になってしまうものがある。
今回のドイツでは、なんだか料理に
改めて見入ってしまう。

a0116902_1555996.jpg
ディナーをとった
レバノン料理店のメザとして
花畑のように、前菜が並べられたら、口元はゆるみっぱなし。
a0116902_15555161.jpg
となりのテーブルの屈強な中東男性たちに運ばれてきたのは、ながねぎ、トマト、ピーマン。
野菜そのままのサラダ。瑞々しく、肉厚なミントの葉がぴん、とのせられている。
ニンニクの効いたヨーグルトディップにつけて
リキュールのような白い濁り酒を小さなグラスでくいくいと開けて
生野菜を豪快にかじっている。

見本市の会場では料理道具の実演があちこちに。
来場者や商談相手に配る
無料のフードをきちんと盛りつけする。
色と形、食器のかたちや素材。
わざわざ、ではなく、自然な感じ。


a0116902_1635758.jpg

マイクをつけて派手にパフォーマンス。
お鍋のアピールでこちらの目にはなんだかなーという感じで
大雑把にパスタをつくっていた
イタリア女性シェフが、
とたんに集中力を見せて、美しい盛りつけをする。
パルミジャーノより強いというチーズを削って
熱いパスタにからめる。
そして実はこの、糸唐辛子がかなり辛くてアクセント。

a0116902_1633569.jpg

チロルからの出展企業は
山小屋風のブースを出して
木を掘り出した器にパンやハムを並べる。
器でも食材でも本物の素材が無作為に並ぶ。
生々しいほどにおいしそう。

a0116902_1631755.jpg

フランスのブースでは日本でも人気の
厚い鋳物鍋で豆を肉をコトコト煮込んでいる(見本市会場ですけど、ここ)。
日本でならさしずめ、プラスチックのどんぶりに入れて
試食だろうけど、
スレート調のプレートにガラスと陶器の2トーンのうつわ。
きちんとフォアグラも添えて。
なんかゴトゴトにてた大鍋料理があっというまに
オシャレなプチフレンチになってしまった。

食材と器とキッチンツールと…
作る人の思いで表現が変わる。
改めて料理に恋をする。食いしん坊の自分に戻れるかも。
[PR]
by kitchen-kokoro | 2014-02-09 16:14 | ご飯&フード | Comments(0)

フランクフルト アンビエンテ開幕

アンビエンテは暮らしの中の小さなもの…。
ありとあらゆるものがそろう、世界最大の見本市。
キッチンツール、食器、文房具、小物家具、スローやラグ、
収納小物、照明、ギフト、アクセサリー、などなど4174社が集まっています。
ほんと、歩いているだけでお買い物モード。
a0116902_1421161.jpg

そんな見本市にまた来ています。
今年は特にジャパンyearということで
ジャパンデザインの出展が特に多く、
イベントも目白押しです。
イケバナフウのアレンジも会場にところどころ。
でもやっぱり解釈は忍者フジヤマの域を超えていないところも
ありますが…。

今回のジャパンyearは
フランクフルト市、ヘッセン州など
お上のバックアップもすごく、
初日のオープニングセレモニーでは
地元のお偉い方々が集まりました。
a0116902_14223311.jpg

で、一緒に会場のハイライトを回る
同行取材をしていたのですが、
こちらも話が聞きたく、
物を見たく、要人の一行に近づくと
なーんか体当たりされる…なんで?
展示をさわっちゃだめとかそういうこと?
a0116902_14233996.jpg

いえいえ違うのでした
この人たちドイツのSP。
確かにそうでした。
ちょっと雰囲気だけでも…。
人込みをかき分けてカメラを頭上にあげて
撮ろうと腕を上げると、さっと彼らに緊張が走るのでした。

キッチンツールのエリアでは
特に警備が強化されます。
和包丁のブースを訪ねたのですが、
包丁がむき出しで何百本も置いてあり
研ぎの説明などを要人たちにする場面も。
刃物と要人。確かに危険な組み合わせです。

でも場の雰囲気を壊さず、
かつ確実にボディアタックして
要人のまわりに人を近づけない
SPのテクニックに
他の日本のプレス仲間と苦笑。

とはいえ、さすがドイツ。
SPの人たち、強面のおじさんたちの他
一部の人の上着は空色の軽やかなジャケット、
ワイシャツの襟にさりげなくSECURITYと
ロゴが縫い取りでいれてあり、
ものものしくなくオシャレなのです。
だから最初、SPって気づかなかったのですね。
金髪の編み込みの首にスカーフをした
かわいらしい女の子も、
実はだったりして。

と、しょっぱなから関係ない話ですみません。
でも変な話でも書いてみます。
とはいえ生活雑貨の見本市に
フランクフルト市長とか来ちゃう
ドイツでした。
[PR]
by kitchen-kokoro | 2014-02-08 14:29 | 海外出張 | Comments(0)

ブログ復活します…!

しばらくブログをお休みしてしまいましたが、
明日から再開です。

毎日ご訪問くださったかたありがとうございます!
[PR]
by kitchen-kokoro | 2014-02-07 14:20 | 日々の暮らし | Comments(1)

キッチンジャ―ナリスト、エディター&ライターとして編集や取材執筆にたずさわる、本間美紀のブログです。キッチン、暮らし、インテリア、住まい、食、デザインをつなぎます。
by Miki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28

外部リンク

ブログジャンル

住まいとくらし
建築・プロダクト

検索

ブログパーツ

  • 掲載の写真の転載不可。

ファン

Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム