エキサイトイズム

<   2013年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

チキンステーキと烈火伝

a0116902_13535244.jpg
いつもおいしそうだと思ってる、チキンステーキはこれ。

a0116902_1354498.jpg
冷凍の業務用の鶏肉(もも)が山ほど積んであって、
もうなんだかとりあえず、凍ったままの、
四角いカタマリのままガンガン焼き始めるその様子。

熱い鉄板でじゅうじゅう焦げ目が付いて、
それをさらにコテのような鉄板で押し付ける。
じっくり小1時間も立てば、中まで火が通るというわけ?

その激しい調理法に、これまた激しく引かれてします。

a0116902_13541566.jpg
名物の焼きそばはこちら。烈火伝。
いつもこれ、見てしまうよね。

a0116902_13552490.jpg

お客さんにスーパーのポリ袋を渡して、「そのまま広げててね」と。
「え?」とお客があっけにとられている間に
これでもかこれでもかと焼きそばをパックにのせていく。
パックは全く持って意味がない。

それをドサリと、ポリ袋に入れておしまい。

a0116902_13543168.jpg
大鍋でぐらぐら煮込まれているモツ煮込み。おでん、焼き鳥。
どうしたって目がいっちゃう。

a0116902_13545811.jpg
さあ今週で東京の桜とも
しばらくさようなら。
[PR]
by kitchen-kokoro | 2013-03-30 14:01 | ご飯&フード | Comments(2)

トーヨーキッチンの華やかな夜

a0116902_11492210.jpg
ジャクソンに続いて、トーヨーでも新作の発表が行われた。
a0116902_1147484.jpg
素晴しいバカラとの競演の新作展示が行われる中、ふと気になったのは、
このトーヨーらしい刻みの入ったワークトップと
ガゲナウの機器、銅のお鍋とのコーディネート。
イタリアの教会の銀の燭台に灯がともったよう。

a0116902_1147273.jpg
手に持つと重みのあるバカラのシャンペングラスを置いて、
肉厚なワークトップが受け止める、なんだか重厚感のようなもの。
飲みもの透明感と、その先に見える花器や家具。

a0116902_11485463.jpg
キッチンのショールームから歩いて5分の「ルーチェ」(照明のショールーム)では、
幸いにも人が少ない。
空間を一人占めできるような時間が実は大切だ。

自分が鳥かごに入っているような、空間の中で、
鳥かごを模した新作の照明を見た。
合わせ鏡を見ているような、不思議な気分になる。
その先にミラノのドォモが見えていてもおかしくない。
そんな思いにも捕われる。

a0116902_11484232.jpg
ふわふわとクラゲのように舞う
ガラスのシャンデリア。
[PR]
by kitchen-kokoro | 2013-03-29 12:01 | Comments(2)

ジャクソンの新しいショールーム

a0116902_23125676.jpg
日本では数少ないデザインバスのメーカー「ジャクソン」。その新しいショールームが南青山にオープンした。

a0116902_2317897.jpg
豪邸向けのすごい浴槽が並ぶ中、
さりげなく…花や自然も取り入れた空間だと思った。
a0116902_23131130.jpg



a0116902_23133050.jpg

ショールーム外構のガーデニングも
とてもナチュラルな感じ。
商品の華やかさに対し、はかなげな風情の植物が
なんとなく良かった。
a0116902_23132068.jpg


と、そんなとこばかり見ているのである。

a0116902_23134526.jpg

[PR]
by kitchen-kokoro | 2013-03-27 23:19 | バスルーム | Comments(0)

阿佐ヶ谷住宅 2013

a0116902_18463553.jpg

知るひとぞ知る名団地の
阿佐ヶ谷住宅のそばに6年ほど住んでいた。
a0116902_18455981.jpg

駅からは遠かったけど、
阿佐ヶ谷住宅の中を通って
行き来するのは
本当に幸福だった…。

a0116902_18462118.jpg

そして決まった再開発。
このエリアを愛する住民の
願いもむなしく、
立ち入り禁止のロープが張られてる。

a0116902_18482717.jpg

「デザイン」が入り込む余地のないほどの
無作為の美しさ。
a0116902_18461091.jpg

管理されたルールに統べられるのではない、
住む人が街や家を愛する心から
生まれた街並の数々。

a0116902_1905836.jpg
今やほぼすべての建てものが
そんな記憶が刻まれた、
恐ろしいほど美しい「廃墟」。

a0116902_1854497.jpg

30年という時間が育んだ
小さな草花や植木やら
たぶん誰かの家のシンボルツリーやら。
美しい小道が残ってる。

a0116902_18472467.jpg

阿佐ヶ谷住宅は多くの
建築関係者、リノベ系な方々が
記録が残しつつあるのだけが救い。
ブログがあったり、本もいくつか出ていたはず。
杉並の最後の楽園。

a0116902_1847503.jpg

そして中野のブロードウェイの裏。
再開発が進む中、
毛を逆立てて
全身をふるわせている猫のように、
建ってる古家を見た。
[PR]
by kitchen-kokoro | 2013-03-23 19:00 | 日々の暮らし | Comments(7)

ポヨポヨ、ピカピカ、ナハナハ

a0116902_05744100.jpg
今月の初め、クラウディオ・コルッチさんにインタビューした(先週の日経MJに掲載)。

1990年代末、当時、最盛期を迎えていた
フィリップ・スタルクのパリの事務所を飛び出し東京へ。
伝説の青山イデーの屋上のドームを、
事務所と住居として才能を遺憾なく発揮した人。
当時はまだ「室内」の編集部にいて
イデーに住んで、斬新なデザインを発表し続ける
スイス人デザイナーなんて、
雲の上の人のようだった。
a0116902_944354.jpg
ということで先週、彼の展覧会があったときに
恐る恐るのインタビューだったけれど
さすがに世界中を拠点にしている懐の広さからか
オープンでユーモラス。
あっという間に笑いの絶えない1時間となった。

一番面白かったエピソードは
日本語の語感について。
「ピカピカ…とか日本語のわからないボクでも
感情がつたわる擬音が素晴しいよね…」と。

a0116902_9443013.jpg
新作の球をつなげたようなガラスオブジェの名前は
「ポヨポヨ」と名づけた。

「へえ〜」なんて言っていたらコルッチ氏、
急に「ナハナハ」と。
ん?
秘書嬢いわく「せんだみつおに似てるって言われて
ナハナハを教えてもらったんですよ」。

オサレなモダンデザイナー氏、
手のひらを顔の脇で空に向けて「ナハナハ」ともう一回。
なんか彼がすると
違うパフォーマンスに見えて不思議〜!
[PR]
by kitchen-kokoro | 2013-03-21 09:44 | デザイン | Comments(0)

最近のパーティフード

最近、いただきました
パーティフードのスナップなどを。
a0116902_2334976.jpg
るるるワークスというタオルの新ブランドのパーティで。
ちゃんとメニューが記した紙が置いてある。
「どれがチキンのマンゴー添え?」とかいいながら、
結構みんなメニューを見て味わって食べている。
つまり楽しんでるってこと。
そういうノーティスって意外と大事なんだ!
a0116902_2334447.jpg
一口が大きくて
かなりボリューミー。
たっぷりといただける豊かさ!

もぐもぐ口いっぱいに頬ばっているとき、
「どうも」なんて声かけられたら大変。
だからおいしいフードのあるパーティはちょっと苦手。
食いしん坊飲み助の私には…。


a0116902_23333141.jpg
渋谷のデスペラードの
再出発パーティでは
店の前に屋台風な、プールサイド風な演出で
カジュアルなフード。
新保パンっていうおしゃれな女性のパン屋さん。
a0116902_23335169.jpg
気取らない、
学校帰りのパン、みたいなものものあれば。
a0116902_23332283.jpg
欧州の田舎みたいな
ケーキがある。
a0116902_2333952.jpg
並べ方もランダムなのが
今どき風…。



関係ないけど、
某場末の私鉄沿線のあるお店。
a0116902_23451620.jpg
「お刺身盛り、適当に2人前で」と
タノムといつもこんな感じ。
仕事入ってます!
[PR]
by kitchen-kokoro | 2013-03-18 23:42 | ご飯&フード | Comments(0)

どんなに素敵なレストランに行くよりも

a0116902_1841121.jpg

昨日まで知らなかった
素敵な誰かの、
その人らしいキッチンで、
手作りのケーキをごちそうになる。

a0116902_18412342.jpg

お金を出せば行ける
すっごいレストランよりも、
得難い時間だと思ってる。

a0116902_18413414.jpg
と、いうことで、
今月も撮影のピークです。
[PR]
by kitchen-kokoro | 2013-03-16 18:43 | キッチン | Comments(2)

シンクロしてその一瞬を一緒に切りとろう

a0116902_22392157.jpg

その家に足を踏み入れると
そこに住む人の空気がぶわっと
風のように心をかき乱す。

そのうれしいような、戸惑うような
風の力を受け止めて、
次第にその家と体温が同じになってくる。

a0116902_22434815.jpg
図面や現場スナップではわからないことを
引き出して、
みるみるその人の色が見えてくる瞬間、
私とフォトグラファーがその時を
切り取ります。
そのシンクロが一枚の写真をつくる、と
そのフォトグラファーの彼女はいいます。
それがなければ、
いまの時代、誰が撮っても
同じだということもありうると。

ほんとうにその通りですね。
ちょっとしばらくぶりの彼女と
再び同じリズムを取り戻すことの
どきどきとわくわく。


※リアルキッチン&インテリア、ひと月ぶりにAmazonの在庫が復活しました。
とはいえ僅少なので念のためお知らせにて
[PR]
by kitchen-kokoro | 2013-03-14 22:44 | キッチン | Comments(0)

ミーレのちょっとリアルなお話…ありがとうございました!

ドイツ・ミーレのちょっとリアルなお話
というタイトルのセミナー、無事に終了しました。
お見えいただいた方、
本当にありがとうございました。
リクエスト?にお答えして
写真をランダムですが、アップしておきます。
a0116902_0361059.jpg


a0116902_0351094.jpg


a0116902_033432.jpg


a0116902_0332329.jpg


一枚わずか30秒ほどでしたが、
みなさん、ほんと、よく見ていらっしゃる!
今日のお話、思い出していただけましたでしょうか?
楽しいですよね…!

終了後もアットホームな雰囲気で懇親会。
桜風味のご飯やプリン、温野菜など、
セミナーの終了時間にあわせて
温かいものがいただけるよう、
作る時間を調整したり、
材料も買い置きするのではなく、
新鮮なものを…と
ぎりぎり直前に買い出しをしたりと
見えないところでの
料理担当の「おもてなし」の心がありました。
[PR]
by kitchen-kokoro | 2013-03-13 00:38 | いろいろな仕事 | Comments(6)

カッシーナ・イクスシー青山本店に春が来ていました

a0116902_10312467.jpg

長くお世話になった広報のN嬢が
退職するというので、
その前に久々に
カッシーナ・イクスシー青山本店を
案内してもらいました。

気がつかないうちに
インテリアデコレーションのための
アイテムが激増!
そして春らしい展示も満載でした。

季節ごとに
ディスプレイを変えて
デコレーションの楽しさを
もっと発信していくそうです。

家具は定番、ベーシック、名作が多い
お店ですから、
大きく変わることはありません、いい意味で。

a0116902_1040449.jpg
まわりのデコレーションや
張り地のチェンジ、リネン、スローで
変化をつけることで
もっと楽しめるという提案です。
そもそもの家具のデザインがしっかりしている。
芯のあるフレームが空間に生まれる。
そんな前提を持つお店ゆえに
デコレーションが楽しめるのです。

a0116902_10315957.jpg

SUSの食器も、外苑前のギャラリーとは違って、
色を絞ってセレクト。
カラフルでキラキラした印象のSUSも
よりシックさが際立ちします。

a0116902_10314658.jpg

イタリアの薄手の器は
クラゲのオブジェとコーディネート。
このクラゲ、単体だったら、???と思うところも
こう並べられると、アリな感じです。

a0116902_10313828.jpg
いつの間にかミラノのリネン、ソサエティが
入荷してた(昨秋からだそうですが)。
色と素材感だけで勝負する、
このブランドのぱりっとした姿勢が好きなんです。
[PR]
by kitchen-kokoro | 2013-03-12 10:39 | インテリア、家具 | Comments(0)

キッチンジャ―ナリスト、エディター&ライターとして編集や取材執筆にたずさわる、本間美紀のブログです。キッチン、暮らし、インテリア、住まい、食、デザインをつなぎます。
by Miki
プロフィールを見る
画像一覧

本間美紀の本 

リアルキッチン&インテリア シーズンⅡ(小学館)発売中

リアルキッチン&インテリアⅠ(小学館)

内容はこちらでも紹介しています!

外部リンク

ブログジャンル

住まいとくらし
旅行・お出かけ

検索

ブログパーツ

  • 掲載の写真の転載不可。

ファン

Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム