エキサイトイズム

<   2011年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

今年もありがとうございました

今年もありがとうございました。

この年末には、
秋に取りかかっていたムックも
無事に発売になりました。
ご報告は年明けにさせていただきます。

今年はいつも以上に出張の多い年で
あちこちを飛び回りましたが、
いつも心に残って離れない写真がこちら。

福島県にほど近い、沿岸の町、
宮城県山元町。
仙台からは車で2時間ほど。
5月に父が持っていた
家庭菜園用の土地の様子を
見に行きましたが、
津波からわずか2ヶ月。
もとは畑だったろう
潮漬けの土地から
自然にブロッコリーやアスパラガスが
生えていました。
a0116902_2001061.jpg

まわりはがれきの山だっただけに、
自然の力の強さに本当にビックリ。
a0116902_19575127.jpg

今年のお正月は仙台に帰省の予定ですが、
いつもとは違う年越しになりそうです。
[PR]
by kitchen-kokoro | 2011-12-29 20:01 | キッチン | Comments(0)

2012年ヒット予測

Time flies.
一年が早い。
今年は震災の影響で、静かな4月5月のあと、
7月からドタバタの波がやってきました。
本日もこれで今年が終わっていいのか?!
という状況です。

さてそんな中、今年も
日経消費ウォッチャー誌(日本経済新聞社)の
2012年トレンド予測に
専門家(何の?)として協力しました。

[専門家100人の2012年予想]

1位 スカイツリー経済
2位 身近なLED照明
3位 次世代スマートフォン
4位 ロンドン五輪
5位 低燃費ガソリン車
6位 ネットスーパー
7位 スマートトラベル
8位 復興イベント、支援型商品
9位 クラウドビジネス
10位 スマートタブレット

昨年の記事はこちら。

住まい、暮らし関連ではやはりLED照明でしょうか。
また20位には適電ライフというのが入っています。
そして2012年問題、団塊世代の本格的なリタイアがはじまり、
シニアリフォームなどのビジネスチャンスが増えそうです。

また若年層がなかなか仕事に就けず、経済的に困る一方、
高額所得の高年齢者層が増え、
「多世代の同居」が増えるのでは、と見る専門家もいます。

別に面白い記事もあり、
コストコとIKEAの分析記事もありました。
コストコとIKEAの利用者は重なることが多く、
世帯年収は500〜850万円の中間層。
またIKEAで一回に使う金額は?の調査に
半数の人が1万円以下と答え、2万円以上の「家具」を買う人は
1/4だったそうです。
購入時に比較する店はニトリと無印良品。

ということで、来年はどんな一年になるのでしょうか。
[PR]
by kitchen-kokoro | 2011-12-28 21:27 | いろいろな仕事 | Comments(0)

柳宗理

a0116902_1958534.jpg
工業デザイナーの柳宗理さんが逝去されました。

最後の取材は2007年のこのとき。
国立近代美術展での取材でした。

柳宗理展


ご冥福をお祈りします
[PR]
by kitchen-kokoro | 2011-12-26 20:00 | デザイン | Comments(0)

大阪出張、リノベーション

大きなお仕事は無事に校了しました!
みなさん、本当にありがとうございました。

発売日24日の前後にはまたその内容を
少しずつご紹介して行きたいと思います。
ホントにホントに、ご迷惑をおかけした方も
いらっしゃって…お力添えありがとうございます。

さて、そんな校了が済むやいなや、
12月、今年最後の出張に飛びました。
大阪です。今年は本当に毎月、どこかへ行っていた一年です。

a0116902_1135322.jpg

訪ねたのは大阪のリノベーションビジネスの
鍵ともいえる「アートアンドクラフト」さん。
ずっとお訪ねしたいと思って、10年が経ってしまいました。
改めて驚いたのはそのオフィス。

大阪の中心地肥後橋から徒歩数分。
ウツボ公園というインテリア業界の事務所が意外と多いエリア。
(よくこのウツボ公園という名前を聞きます)。
a0116902_11351322.jpg
イチョウが黄金色に光って、ワークスペースからこんな景色が見えます。
公園に面した古いビルを改装した事務所は
まるでヨーロッパのオフィスみたい。
ドイツなんかの企業訪問で、こんな場所によくくるな〜…と。

a0116902_11352220.jpg
代表の中谷のぼる氏は現在、長期休暇中という
ゆるさも素敵です。ほんとヨーロッパ型の、
イタリア辺りの実力ある中小企業という感じです。

というわけでキッチンが終わったら
今度はリノベーション企画と、
頭をスイッチですが、まあ共通点はたくさんあります。

a0116902_11434493.jpg
そして翌日訪ねたこのリノベ実例。
お話をうかがうと、リノベってオシャレなインテリアとか
住みこなしとか、賃貸との支払い比較とか、
そんなだけの話じゃないいなあと改めて思ったのでした。

ある種の思考法とか生き方と、リノベを選ぶ人はリンクします。
住み手インタビューでは初めてあったはずの
その人の背景(人生的なもの?)に
ぐいぐい引き込まれていくのでした。

これは聞き方にもよるかも。
通常の「素敵なインテリア」話なら
別になんてことはない、話かもしれません。
でも途中、芯があることに気づいたんですよ。彼女には。
どうして、急に、実家暮らしから心斎橋のマンション購入リノベヘ?
彼女に適った思考法の一つや手段がリノベーションであり
住まいという表現方法だったのでしょう。

人によってはそれが会社やビジネスになったり、
趣味だったりスポーツだったり、
芸術活動になったり、家庭の営みだったり。
住まいはその選択肢の一つに過ぎないのですが、
ここでリノベを引き当てる人もいます。

しかもかつては
「ビダイ系」「ガイシ系」の人が大半だったはずが、
今はそれ以外の人も増えているような気がします。
[PR]
by kitchen-kokoro | 2011-12-19 11:46 | いろいろな仕事 | Comments(1)

コーヒータイム

ばたばたの毎日が落ち着いて、今日はやっと校了日。
あと一息で終了です。

なんだかんだって校了日を守るのが(?)、私の性分。
時間に遅れられない性格で、
「遅れそう〜!!」と思っても、
早く着いてしまうこともたびたび。
直前にギリギリになるのが好きじゃないんです。

その分カットしている時間が、
お風呂とか身だしなみの時間。
(私の常にモサーっとした身なりはそのせい)
そして今回はついに食事の時間までが削られた!
玄米にレトルトカレーを掛けたもので
しばらくしのぎました。
なぜなら白米が切れて買いに行くゆとりがなかったから。
別に健康志向だからじゃないんです。

コーヒーもブレンディとマリームという
インスタントをがぶ飲みです。

a0116902_1282052.jpg

そんななか、香しいコーヒーを
差し入れしてくれた方がいました!
ドイツのダルマイヤーというブランド。

これ。これは!!
昔、ドイツの高級スーパー(紀ノ国屋のようなとこ)で買い物してたとき、
ドイツの母アナが、「このブランドが美味しいわよ」と
すすめてくれたもの。
このヘルベチカ系の書体は間違いありません。

ダルマイヤー、日本では食材の方が有名ですが、
創業300年。コーヒー、お茶も
バイエルン王室御用達だったのだそうです。
王室と言ってもドイツだから諸侯という人たちでしょうか。

a0116902_1281066.jpg
コーヒーというとイタリアの方に目が行ってしまいますが、
実はドイツもコーヒーの国。
なにかといえば「コーフィー・ウント・クーヘン」が口癖の
ドイツ人です。「お茶とおかしにしましょう」てな意味です。
写真はアナが用意してくれたクーヘン(ケーキ)各種(2010年4月)。

a0116902_12251187.jpg

ちなみにここはフランクフルト市内中央の小さなコーヒー焙煎ショップ。
1914年に創業だそうです。
a0116902_12161911.jpg


イタリアのコーヒーは苦い。
ドイツのコーヒーは酸っぱい。
そんな印象がありますが、ダルマイヤーはどうでしょうか?
週末ていねいに煎れてみたいと思います。
[PR]
by kitchen-kokoro | 2011-12-09 12:27 | いろいろな仕事 | Comments(0)

キッチンジャ―ナリスト、エディター&ライターとして編集や取材執筆にたずさわる、本間美紀のブログです。キッチン、暮らし、インテリア、住まい、食、デザインをつなぎます。
by Miki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

外部リンク

ブログジャンル

住まいとくらし
建築・プロダクト

検索

ブログパーツ

  • 掲載の写真の転載不可。

ファン

Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム