エキサイトイズム

<   2011年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

食品サンプル

日本の誇るカルチャークラフト、食品サンプル。
先日リフォーム博でみた、東京ガスのブースで発見。
a0116902_21485546.jpg
炒飯あおれるんだよ!
ガスだとあおれるんだよ!
てな気分がよく出てる。

東京ガスの発注で生まれたサンプルだとしたら、
なおすごい!
[PR]
by kitchen-kokoro | 2011-10-31 21:49 | キッチン | Comments(0)

この週末 キッチンピープルの撮影と釣果

やることは山積み。
デザイナーズウィークはエンジンかかってる。
でも体力は減っている…。

a0116902_0203519.jpg
photograph by yukinori okamura

そんな中でこの土曜日、キッチン業界でがんばっている人の
ドキュメンタリーポートレートの撮影を決行。
オーダーキッチン、というとかっこいいけれど、
現実は現場でコツコツコツコツ、地道な作業を積み重ねる。
建築の大きな工程の中で、それにスケジュールをあわせ
ベストのタイミングで納入し、細かな仕上げをしていく。
現場ではいわゆる業者さん。
そんな彼らのドラマを撮りたかった。
いわゆるショップ写真の店長さん的なニコパチではなく、その人らしくね…!

とはいえ、零細の予算で、プロカメラマンを拘束できる時間も限られていた。
お借りした現場でセットを組み、ライティングをつくり…。
お声をかけた中には、その時間と場所に来られなかったり、
あまりにも急に決まったので声をかけそびれたり…
人物撮影はNGといわれたキッチンショップもあった。
なかなかうまく行かない…orz。

この何週間か、何度も何度も自問自答して、決行した撮影。
あえて「あまり事前に何も知らせずに」、
なのに撮影をお受けくださったみなさんありがとう。
その「無作為な」表情を撮りたかったのです。
今日、写真があがってきて、後悔はありません。
モノを買うのではなく、どんな人につくってほしいか。
オーダーの一つの要素です。
メーカーキッチンだったらモノの開発や売り方にもドラマがある。
写真もきちんとしたビジュアルをそろえている。

じゃあオーダーは? いろいろ悩みました。
モノと値段だけを比較して結論の出る世界ではないのである。
場所を提供してくれたF川さんありがとう!
フォトグラファーのO村さんありがとう!

ということで、やることは山積みなのですが、
土曜日の夜はぐったり、日曜日は掃除や洗濯を済ませたりして。
ちょっと仕事の整理でもしようかとおもった矢先!
キタキタ、来ましたよ!

釣りに行ってたダンナさんが、めずらしくボウズにならずに
釣果を持ってきた〜!!!

a0116902_061177.jpg
みんなちっちゃいんだけど、高級魚。オナガダイにむつ。

そう、忙しいんですよ。
日曜日の夜は来週がスムーズに行くように、
もろもろ整理したり、気持ちを整えたり。
料理したり、飲んだり食べたししてられない、はずなのに。

なのにまずは、ムツのナンチャッてアクアパッツァ。
a0116902_061855.jpg
こりゃうまい。
まずい、白ワインを開けてしまう…。スープ部分もパンにたっぷり吸わせてね。

もう一尾はこってりとムツ煮付け(盛りつけのアタマの向きが逆ですね)。
a0116902_062277.jpg


そしてオナガダイはシンプルに塩焼き。これがこの小さくて地味な見た目に反して、
海洋界のローストチキン!ともいうべき、滋味なのである。
a0116902_063793.jpg
こ、これは
白ワインが止まりません…。

食に関して、妥協がないのは、どうなんでしょう?
明日からの自分の首をしめているのかな。
[PR]
by kitchen-kokoro | 2011-10-31 00:21 | オーダーキッチン | Comments(0)

すごくわかりやすい

a0116902_239092.jpg

今年のデザインタイド。
空間がすっと白い幕でおおわれ、
商品がしっかり見れる。
動線もシンプルでわかりやすい。
a0116902_23104652.jpg

商品のすがたがくっきりと
視界に映る。
a0116902_23104310.jpg

う〜ん。
これまで凝った建築空間もよかったが、
「何かを見せる」という意味では
この手法は実にわかりやすく、
居心地がいい。
基本に返れ、ってこういうことか。

a0116902_239442.jpg

今回の会場構成は
無印良品とかジャスパー・モリソンの事務所にいた
中坊氏。プロダクトデザインの道としては
王道を歩んでいる。
[PR]
by kitchen-kokoro | 2011-10-28 23:14 | 見本市 | Comments(0)

カッシーナイクスシー青山本店

a0116902_12223514.jpg
デザインーズウィークが今週から本格スタート。落ち着いて見れて、質も高いと思ったのがカッシーナ。
商品そのものの良さだけに頼らず、テーマある展示をしていた。
メインはシャルロット・ペリアンの復刻4点。これはバンブーのシェーズロング。
a0116902_1213721.jpg
クレイジーカラーズをテーマにしたマラルンガとLC。
a0116902_12123557.jpg
ダンボールでつくったというこのアートがカラフルできれい!
a0116902_12123068.jpg
マスターピースのコーナーで。ガエターノ・ペッシェとか、リートフェルトとか、マッキントッシュとか。
a0116902_1213331.jpg
カッシーナから徒歩5分のこちらではジャン・プルーヴェやってます。
[PR]
by kitchen-kokoro | 2011-10-28 12:30 | インテリア、家具 | Comments(0)

サンマとナスと金婚式のケーキ

a0116902_03699.jpg
気持ちいい秋の週末。
先週は仕事でいろいろとアイディアを考えなければならないことが
たまりすぎて、どうにもこうにも、ヒラメキが足りないので、
今週末は考えるのをやめた。

その代わり料理に没頭。
たまたま先週、義父母の家庭菜園から
野菜をどっさりもらっていたし。
平日はなかなか手がつけられなかった。

恐ろしいほど、不格好なゴボウを洗って切って、
下ゆでし、冷凍。
山のような若いニラを、一気に卵でとじたり、
育ちすぎて硬いししとうは焼いて皮をむいて
焼きびたしに。
長ネギも大量にグラタンにした。生クリームを
たっぷりかけて、カロリーなんかとりあえず気にしない。

夫がパンを焼いたり、
手打ちでオレキエッテ(耳たぶ型のパスタ)を打ったり。
というと聞こえがいいけれど、
パントリーの中にたまった大量の各種粉類を、
古くなる前に使い切ってしまいたかったため。

家で料理する気持ちになれるキッチンは
やっぱり大切…。

さて先週、義父母の結婚50周年のお祝いー金婚式だった。
義父の郷里で温泉旅館に泊まり、
お祝いをする予定だったが、義母のけがで急遽中止。
代わりに義父母の自宅でお祝い。

a0116902_23334825.jpg
庭で炭を起こし、
旬のサンマや菜園からもいだばかりの
ナスやししとうを焼いたり。

a0116902_2334578.jpg
カットフルーツやバームクーヘンを使って
急遽ケーキを作ったり。

旅館に泊まって、豪華なご飯を食べたわけじゃないのに、
本当に楽しかった。
「こういうのいいじゃない!」
「旅館に行くよりよかったかも?」
みんなでわいわい、飲んで食べた。

ほんと、家飲みはいいな、って最近おもう。
[PR]
by kitchen-kokoro | 2011-10-23 23:59 | ご飯&フード | Comments(2)

記事がどんどんアップされています

インテリア業界が一番いそがしい季節、10月。

告知記事やレポート記事、
合間をぬって執筆したものが
アップされています。

a0116902_21383492.jpg
アレッシイの新作。アンナG(有名な女性型ワインオープナー)のフォルムの
ケーキトレイがおもしろかったです。
そして上のなんとも「実家っぽい」カトラリーは、
なんとアレッサンドロ・メンディーニの新作です。
ステンレス製品の製造から始まったアレッシィらしい
繊細な細工です。

アレッシィの新作。普段使いできるアイテムも。

a0116902_21384377.jpg
A.flat のラタンの家具のカラーリング。
何気ないアイディアのようで、意外とインパクト大。
いわゆる塗装の指定色は何色でも対応できるというから
けっこうすごい。キッチンの塗装扉みたい。

ラタン家具を一年中楽しむーその秘密は美しい色


a0116902_21394165.jpg
もうすぐ秋のデザイン祭りウィーク。
今年はIFFT インテリアライフスタイルリビングも重なりました。

a0116902_21433236.jpg
コンランショップで行ってきたのが、「ケーススタディ」。
世界の入れ物大集合、という感じで、新しいスタイルの販売イベントです。
臨時セレクトショップINコンランといった感じです。

コンランショップに世界の「いれもの」が大集合

a0116902_21404148.jpg
2年前でミラノのトリエンナーレで見てきました。喜多さんの展覧会。
これがオゾンにやってきます。が、個展が日本では20年ぶりとは
知りませんでした。これが一番オドロキ。

実は日本では20年ぶり。喜多俊之デザイン展。

ということで、10月は後半もばんばん執筆の予定です。
[PR]
by kitchen-kokoro | 2011-10-18 21:53 | いろいろな仕事 | Comments(0)

エルメスの家

今年のミラノサローネで発表になった
エルメスの家…家具のコレクションが
今日から東京ミッドタウンで公開される。
a0116902_1004971.jpg
そのプレスプレビューに行って来た。

エンゾ・マリ、アントニオ・チッテリオ。
大御所デザイナーの家具も、
どこかエルメスライクな
デザインと仕立てになっている。

空間は坂茂さんの紙管。

詳細は後日執筆予定!
[PR]
by kitchen-kokoro | 2011-10-15 10:02 | インテリア、家具 | Comments(0)

最近のかわいいもの

いろいろな仕事の合間に、食器や小物の記事を書くことも多い。
最近、うっかりうっとりしてしまったもの。
a0116902_18401772.jpg
フィンランドの陶器「アラビア」の新作。
柄は今までもあったルノというシリーズ。フロストべリーの柄で、
この小さなフタ付きジャーポットがクリスマス向けに発売になるけれど、いと愛らし。
その他イッタラの新作はこちらにて執筆。

北欧の自然に恋した、フィンランドの食器たち

a0116902_18381454.jpg
こちらはタイムレスコンフォートなどで展開している
デンマークの「グリーンゲート」の冬の新作。
お値段も手頃なポピュラー系のブランド。
北欧版キャス、という感じもしないでもないけれど、
このビジュアルつくりかたが
いわゆる普通の女性をわしづかみにしてしまうのでは。
グレーと赤の組み合わせもデンマークらしい感じ。

a0116902_1844517.jpg

北海道・旭川のクラフトで、まな板とかいろいろ使える
八角形のプレート。高橋工芸のもの。
腕のいい職人さんと東京のデザイナーが共同で
開発したということで、
洗練されている。
なんてことはないけど、厚みがいい。

旭川の思い出さめやらず、しつこくレポート中。
北海道旭川で見つけた、家具とクラフト
[PR]
by kitchen-kokoro | 2011-10-13 18:50 | 器など | Comments(0)

建築の集まり、インテリアのパーティ

a0116902_1052062.jpg
昨日は久々に建築業界の集りに顔を出して、
改めてその重厚な雰囲気を感じた。
HEAD 研究会という建築家、メーカー、大学の研究者による
自主運営団体があり、
5つのテーマに分かれて活動している。

これが一般社団法人化したこと。
さらにその活動の一つの「建材、部材セレクション」が選んだ
「建築家の選ぶ10の定番パーツ」の授賞式、
関連シンポジウムのお手伝いを(何故か縁あって)してきた。

会場は千代田区の小学校をリノベーションしたアーツ千代田。
この空間がイイ!のである。
a0116902_10522029.jpg
ウッドデッキがあり、
教室の椅子をそのまま活用。
こういった建築業界の会って、
ホテルの宴会場とか、建築家会館とかで行なうのが
定番だったけれど、
こんな開かれた若々しい会場なのが、
これまでのイメージを一新する。

a0116902_1059540.jpg
クラスの道具入れで資料棚。
a0116902_1115545.jpg
大ホールには黒板。

とはいえ、集った人の大半が背広姿の方々。
若手建築家や女性を集めることが、
これからの課題なのだそうだ。

東大教授の松村秀一さんのスピーチに始まり、
経済産業省や国土交通省からの応援スピーチが続く。
なんとも建築ギョーカイな雰囲気です。

a0116902_10532695.jpg
セレクションされた建材もこんな雰囲気の中で展示。

a0116902_1053243.jpg
受賞作の一つ、神保電機のスイッチプレート。
選ばれたセレクションは一見、一般の人にはわかりにくいかもしれない。
他にもガルバリウム鋼板とかバスの配管金具など、地味〜。
でも設計の現場の人の「本当にいい!」から選ばれた。
そのマニアックな志から、建築関係者たちの熱い心が伝わってくる。

a0116902_10535427.jpg
後半のシンポジウムでは司会進行をしましたが、
やはり建築業界は私の鳥頭ではまだまだ、
お役に立てず。反省しきり。胃がイタイ…。

その後、丸の内のコンランショップ「ケーススタディ」のパーティへ。
「入れるもの(収納でもケースでもなんでも)」という商品を、
ケーススタディ(事例研究)する、というテーマを
そのままショップで販売スタイルに転換。
そんな試みだった。

a0116902_1054159.jpg
インテリア業界のパーティでやっとほっとする。
コンランショップ内のパーティということで
雰囲気もやわらか、知った顔も大勢。
こちらの方がホームですね。やっぱり

a0116902_10573021.jpg
ちょっと気になったのは
ランドリーカート。
洗濯ものをハンガーにつるしたり、カゴに入れて
ガラガラと運んでいくものだそうです。
アメリカのスポーツロッカーで活用されているそうで、。
29800円という手頃な値段もいい
[PR]
by kitchen-kokoro | 2011-10-07 11:27 | いろいろな仕事 | Comments(0)

お尻に火がつきました

カチカチ山のたぬきみたいに、
お尻で火がぼうぼう燃えている。

a0116902_153392.jpg
今年は3月から5月まで仕事が
ゆるやかになった分、
7月からノンストップで走っている気分。
私の仕事に限らずみんなそうじゃないだろうか。

そんなわけで伸ばしに伸ばしていた
今年最後の大仕事。
ついに待ったなし。
このブログを見ているキッチン関係者のみなさん、
急に連絡するかもですが、よろしくお願いします。
[PR]
by kitchen-kokoro | 2011-10-03 15:35 | いろいろな仕事 | Comments(0)

キッチンジャ―ナリスト、エディター&ライターとして編集や取材執筆にたずさわる、本間美紀のブログです。キッチン、暮らし、インテリア、住まい、食、デザインをつなぎます。
by Miki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

画像一覧

最新の記事

リアルキッチン&インテリア ..
at 2017-11-21 17:05
11月24日 17時〜蔦屋家..
at 2017-11-13 18:49
久々の更新です
at 2017-11-04 17:07
10月12日 14時から 大..
at 2017-10-03 23:18
ドイツキッチンの取材に来てお..
at 2017-09-20 14:17

外部リンク

ブログジャンル

住まいとくらし
建築・プロダクト

検索

ブログパーツ

  • 掲載の写真の転載不可。

ファン

Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム