エキサイトイズム

<   2009年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧

よいお年を!

おそうじも終わり、
新しい年を迎える支度ができました。

みなさま今年もありがとうございました。
どうぞ来年もよろしくお願いします。

よいお年を!

a0116902_22264955.jpg

[PR]
by kitchen-kokoro | 2009-12-29 22:27 | 日々の暮らし | Comments(0)

今年最後のロングインタビュー

a0116902_1311172.jpg

話を聞いただけでは血肉にならない。
文章に構成しなおすことで、頭に刻まれる。
それがインタビューのお仕事。

今年最後のインタビューは三保谷硝子店の三保谷友彦さんだった。
excite ISMの特集になりました。

三保谷友彦 考え抜くガラス、その101年目。


デザイン界では知られた人だけれど、
一般の人にはちょっとマニアックな存在だろうか。

話を咀嚼して、読者に対する伝え方や
こちら側(編集サイド)の公平な目、判断を加え、
さまざまにふるいをかけても、
こぼれ落ちてゆかない、
その上できりっと立つその人のスタンス

それが残ればインタビューは8割り成功。
あとは色づけとか演出のようなもの。

いい原稿が書けた後は、
トランスした後のように
恍惚感が残る…こともある(笑)。

編集は捨てる作業。余計なものを捨てて捨てて
残ったものが本当に伝えるべきもの。
そしてそれはわかりやすいものになっている。
とは、編集部時代に編集長から繰り返し言われた言葉。

今年もたくさんのインタビューをした。
Bachの幅さんから始まり、ニコライ・バーグマン、
アントニオ・チッテリオ、深澤直人、吉岡徳仁、
ハッリ・コスキネン、ナニ・マルキナ、
たくさんの専門家、オーダーキッチン、建築家、メーカー、
そして一番大切な、暮らしを大切に生きるひとたち。

実は私は取材やインタビューであえて録音はしない。
現場で五感を研ぎすませて、
なにが心に残るか、じっと感じるようにしている。

とはいえ、この方針も来年からは変えなければいけなくなりそう…。
いや、年のせいでだいぶ忘れっぽくなりました。
ほんと、困っちゃう!

来年ももっとよいインタビューを。
[PR]
by kitchen-kokoro | 2009-12-28 11:46 | デザイン | Comments(0)

床を磨く

a0116902_16295413.jpg

今日は年末の床塗りの日。
チークの無垢材を張ったうちの床。
工事費を少しでも浮かすために、
自分たちで造り付けの家具とキッチン、床を塗装して以来、
そのケアが楽しくなった。

「オスモ ラピッドクリア」というもので、
多少ムラができても気にしない、気にしない、
という気分の塗料。

表面に膜を作るのではなく、木材に細胞レベルで
じわじわとしみていって、強くなる。
そんな感じだそう。

編集部時代にはもちろん「塗装特集」も担当しているわけで、
自然塗装の大御所先生に、いろいろ教わったっけ。

塗装屋に火の気は禁物で、暖房は一切ナシ。
2月の寒い中に工房で、ごしごしごしごし、
木材をウエスで拭き上げる作業を体験取材。

この「拭き取りながら、しみ込ませる」というのが、
普通の塗装と違うところ。塗り以上に拭き取りが大事だという。
その時は自分んちで同じことをするなんて思いもよらなかったけれど。

チークの床材ははだしで歩くと本当に気持ちがいい。
訪れた人も、いつも床の感触がいいね、と言ってくれる。
立派な家じゃなくても、
こんな床があれば、毎日ほんと心地いい。
[PR]
by kitchen-kokoro | 2009-12-26 16:29 | 日々の暮らし | Comments(0)

ドイツから届いた、2010年家具のトレンド その2

a0116902_9465585.jpg

2010年家具のトレンドの続きです。

前回は「これまでもあって、これからも残るトレンド」「なくなるトレンド」
を報告しました。

こちらは「今後のトレンド」というもの。

・長時間楽に座れるダイニングチェア
・リビング家具のような外観のガーデン家具(これはデドンとかそういったものですね、私も昨年、記事を書いたことがあります)
・ガーデン用のキッチンやシャワー(これは出そうです)
・リラックス用のラウンジチェア
・浴室と寝室を一体化するスパオアシス
・大型のダイニングテーブル
・ブルーのソファカバー生地
・ガラスやステンレスとダークな生地の組み合わせ
・女性的なフォルム、有機的なデザインのクッション家具類(パトリシア・ウルキオラ系だろうか)
・鏡面仕上げで取っ手のない、キッチンフロントパネル(これもうすでに流行ってないか?)
・アクセントカラーとしてのゴールド
・グリーンライン家具
・キャビネットや棚でのLED照明技術

ということで、いまいち信憑性は薄いけれど、ん?と思うものもあるような。
あなたはどれに引っかかりましたか?

こちらにも執筆!
家具のトレンドは年明けのドイツから「ケルン国際家具見本市」
[PR]
by kitchen-kokoro | 2009-12-24 09:51 | インテリア、家具 | Comments(0)

ドイツから届いた、2010年家具のトレンド

a0116902_23415890.jpg
年明け1月はインテリアの見本市の季節。

ドイツのケルン・メッセ「IMM国際家具見本市」は、
2010年1月19日〜24日まで、
ドイツ・ケルン市のケルン・メッセ国際見本市会場で開催される。

ドイツの長い長い取材人生は、20代のころ、
このケルン・メッセの取材から始まっている。
詳細はまたエキサイトで執筆しているけれど、
ここではちょっと面白い来年の家具のトレンド予測をご紹介。
(年末なのでこの手のネタが…)。
これはドイツ家具工業会から発表されたもの。
直訳された日本語が一部意味不明だけど…。

【2010年トレンドに残るもの】
・クッション家具のカバー(張りぐるみ家具の張り地という意味だろうか?)
・箱もの家具のパネルは白が最強。
・薄型テレビを置くサイドボードやハイボード、ローボードなど
居間用システム収納壁
・キッチン、ダイニング、リビングを一体化した空間
・茄子紺(オーベルジン)色を空間のアクセントにつかうこと
・裏側から見ても美しい、部屋の中央に置く家具
・ロココ調の飾りやビロード調の生地
・特定のライフスタイルを確実に表現できるクロスデザイン
・バイオアルコールを使う暖炉・
・「海賊」「お姫様」など、特定のテーマを持つ子ども部屋
・流行に価値が左右されないクラシック家具

【2010年トレンドから外れるもの】
・小型のダイニングテーブル
・特別の機能がないソファセット
・田舎風でダークな色のキッチンのフロントパネル
・なめらかな素材のソファカバー
・重厚な家具

ということで、わかったようなわからないような。

そしてこれからトレンドになるものはまた次回。

こちらにも執筆!
家具のトレンドは年明けのドイツから「ケルン国際家具見本市」
[PR]
by kitchen-kokoro | 2009-12-23 23:42 | インテリア、家具 | Comments(0)

クリスマスのケーキ

a0116902_17343254.jpg
イタリアではクリスマスに「パネトーネ」というケーキを食べる。
ひょんなご縁で、こんな大きなパネトーネが届いた。
パネトーネ酵母菌の働きで、半年間も長持ちする、
と説明書きがある。

カカオバター、オレンジピール、レモンピール、
サルタナレーズンなど、
ドライフルーツがたっぷり入っている。
ドイツのシュトーレンとか、イギリスのクリスマスプディングと
同じような存在だったと思う。

家具関連の仕事をしていると、
イタリアと自然に関わりができて、
このケーキをもらう人も多いらしい。

イタリア貿易振興会の人から聞いた話では、
事務所のイタリア人スタッフは本国から
パネトーネがくるのが待ちきれないらしい。
届くやいなや、事務所で開いてみんなでいただくとか、
某輸入家具屋さんでは、取引先のイタリアブランドから
毎年どっさりこのケーキが届いて食べきれなくて
困っているとか(そう、かなり重厚です、このケーキ)。

実は私も家具雑誌の編集部時代には、このケーキがやはりどこかの
イタリア系家具ブランドから届いた記憶が。

私にとっては、なんとなく家具業界を思い出してしまう
ケーキなのだった。
[PR]
by kitchen-kokoro | 2009-12-22 17:34 | ご飯&フード | Comments(0)

何で焼くか、がきっと大切

旦那さんがはまっている天然酵母。
こちらのリンゴ酵母
だんだん、中高年になってきているオヤジ酵母。

今日はノーマルなパンと、ピザに挑戦。
a0116902_0233336.jpg
パンはこんな感じ。
でも長老酵母なのと、パン種を多くしすぎたようで、
なんだかタクワン風の味が…。いや、これホント。
a0116902_0235729.jpg
ピザはまあまあ。生地そのものは美味しいけれど、
うちのオーブンで焼くとイマイチ。
まあルックスで選んでしまった、オーブンレンジである。
a0116902_0263186.jpg
ということで、「焼職人」という魚焼き用の道具で
小さなピザを焼いてみる(切り身用なので小さい)。
ガスに直接かけて使う。

うーん、底がぱりぱりと焼けて美味しい。
難は表面に焦げ目がつかないこと。
でもダメオーブンのぬるい仕事より、
なんか勢いある。

旦那さん曰く「まさにガスだね」。
ん? どこかで聞いたような…。
[PR]
by kitchen-kokoro | 2009-12-20 23:27 | ご飯&フード | Comments(0)

amstyle のイメージブック

オーダーキッチンの「amstyle」。
このブログの検索ワードでは常に上位に入っている
注目度ナンバーワンのオーダーキッチンショップ。
a0116902_10313281.jpg
そのイメージブックが完成。
わたしの個人的な意見だけど、
オーダーキッチンだから「カタログ」とは、
なるべく言わないように心がけている。
モノを選ぶためのものではなく、
イメージを広げるプラットフォームとして、
オーダーキッチンの‘カタログ‘はあるのだと思う。

アムスタイルの持ち味である、黒と白の塗装とステンレス。
そして本物感に通じる自然の写真。
リーフレットとイメージブックで写真を使い分けた。

a0116902_1032189.jpg
徹底して素材感を追求するキッチンのため、その撮影は命がけ(って大げさ?)。
撮影スタッフ渾身の気合いで撮る感じ。
ライティングのセットだけで半日は掛かる。

オーダーキッチンショップには大きく2つのタイプがあると思う。
売る側はスタイルを持たない「クラフトメイド」型。
ある程度のスタイルを持ち、それをカスタマイズしたり、
同じイメージでフルオーダーする「スタイルメイク」型。
アムスタイルはいち早く、
スタイルメイク型を確立したオーダーキッチンショップとも言える。

a0116902_10344140.jpg
なので即物的な情報にとどまらず、
アムスタイルの世界観を伝える、言葉やイメージ写真も盛り込んだ。

いずれにせよ「お手入れラクラク、家事ラクラク」とか「家族のコミュニケーションキッチン」といった、
キッチン業界では手垢のついた、言葉を避けた。
a0116902_1036413.jpg
全体、メンズライクな仕上がりだけれど、
かっこいいだけじゃない、美しさとやわらかさも表現。

すでに配布中だというので、
キッチンを検討中の人は取り寄せてみては?

amstyle
[PR]
by kitchen-kokoro | 2009-12-19 00:41 | オーダーキッチン | Comments(0)

2010年のトレンド予測

「専門家100人が予想する2010年のヒット予測」
に参加させていただいた「日経消費ウォッチャー」。
日経の産業消費研究所が発行している。

会員制の定期購読誌なので、一般に目にふれることはないけれど、
毎回、ぎっしりと役立つデータが載っている。誌面は地味だが、内容は充実。
a0116902_1003878.jpg


来年のヒット予測ベスト10位はというと…。

【2010年ヒット予想】

1 新型インフルエンザ対策
2 ゼロエミッション車
3 深夜羽田発ツアー
4 タッチパネルパソコン
5 高速ワイヤレス通信
6 子育て支援
6 農業
8 コミュニケーション系アプリ
9 電子書籍端末
10 自動車自転車シェアリング

でした。

20位までを見ても、住まいや食に関するキーワードは少なく、
パソコンやインターネット、
自動車などの乗り物関係が大半。
同点で6位に農業と子育てが入っている。
なぜか12位に坂本竜馬と四国。
これは大河ドラマの影響とか。

振り返って昨年の今頃、手元に届いた同誌から今年の予測ベスト10位を。

【2009年ヒット予想】
1 住宅用LED
2 エコカー
3 国産食材
4 超低価格テレビ
5 アバクロ
6 タッチパネル機器
7 格安海外旅行
8 簡易修理ビジネス
9 内食
10 モバイルワーカー向け端末

思い当たるところはあるか、ないか?
住宅用LEDは確かに普及したかな…。
タッチパネルは今年後半から
ぐんぐん増えてきたような。
アバクロはつい先日、開店。

今年もあと2週間。そういえば
表参道のイルミネーションはLEDに切り替わった。
11年ぶりの復活だそう。
a0116902_100482.jpg

[PR]
by kitchen-kokoro | 2009-12-18 10:13 | いろいろな仕事 | Comments(0)

強制入籍?!

ふだん、ウェディング産業関連の情報はあまり気に留めていないのだけど、
今日届いたプレスリリースはあまりにも強烈なタイトルにビックリ!
「強制入籍セット」だって。
a0116902_12584794.jpg


以下はプレスリリースからの抜粋です(文字の加工は筆者)。

※ ※ ※ ※

結婚に踏み切らない彼氏をもつ女性の悩みを解消するための
逆プロポーズアイテム「強制プロポーズセット」は大変大きな反響がありました。

しかし、「仕事が忙しい」「時間がない」と入籍を先延ばしにして、
決断しない男性の存在
が明るみになってきたのを受け、「THEBEST SURPRISE」では、
プロポーズを盛り上げるのに必要な「プロポーズリング」、
婚約指輪を買うと約束する「誓約書」、
婚約指輪の購入資金を貯める「貯金箱」を揃えた「強制プロポーズセット」の3点に加え、
すぐに入籍手続きができるように「婚姻届」と
彼の苗字の「認印」と「朱肉」
をセットにしたパワーアップ版を用意。

書類を取りに行く時間、認印を用意する面倒を全て解消し、
彼の署名があればすぐに届出が出せるよう、
ショートカットして入籍したい女性のために、
特別なアイテムを加えた内容になっています。
また、彼女が希望する入籍日を彼に意識してもらうために、
カウントダウンクロックもセット、
期日がくるとアラームが鳴るよう設定して送ります。

更にオプションで、地域限定でバイク便での即日配達にも対応します。

価格は「今すぐにでも入籍したい」という女性の前向きな気持ちを込め、特別
価格9,248円(92=急に、48=しあわせ、「急に幸せ」、消費税・送料込み)で提供します。

※ ※ ※ ※

これは男性にはキョーレツですね。彼氏にドン引きされないことを祈ります。
’急に幸せ’は「消費税・送料込み」ってところがいいですよね。

でもやっぱり最近多い気がします。
決断しない男性の存在
いろいろな面で?

ちょっと息抜きニュースでした。

 強制入籍セット
[PR]
by kitchen-kokoro | 2009-12-17 13:10 | 日々の暮らし | Comments(0)

キッチンジャ―ナリスト、エディター&ライターとして編集や取材執筆にたずさわる、本間美紀のブログです。キッチン、暮らし、インテリア、住まい、食、デザインをつなぎます。
by Miki
プロフィールを見る
画像一覧

画像一覧

最新の記事

リアルキッチン&インテリア ..
at 2017-11-21 17:05
11月24日 17時〜蔦屋家..
at 2017-11-13 18:49
久々の更新です
at 2017-11-04 17:07
10月12日 14時から 大..
at 2017-10-03 23:18
ドイツキッチンの取材に来てお..
at 2017-09-20 14:17

外部リンク

ブログジャンル

住まいとくらし
建築・プロダクト

検索

ブログパーツ

  • 掲載の写真の転載不可。

ファン

Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム