エキサイトイズム

カテゴリ:キッチン( 125 )

必見のキッチン特集を執筆! GUYS IN THE KITCHEN

ひさびさに楽しかった執筆。
エキサイトイズムの特集
「GUYS IN THE KITCHEN」を担当しました。
1本が長めですみませんが、
たっぷり5つの切り口にて。

私が1月のケルンでよかったキッチンはこちら。
キッチンの直球ブランドではなく、
家具のブランドと料理人が
ユニット式のキッチンのメーカーとつくった…というもの。
かっこいいです!
a0116902_00214514.jpg
そして料理教室の取材は
特別に参加を許可された
代官山のあそこのハイレベルなシークレットレッスンに潜入!

もう絶対必見の
ウェブマガジンには珍しい
キッチン・フォー・メンの大特集です。
こちらから!
GUYS IN THE KITCHEN


[PR]
by kitchen-kokoro | 2015-02-27 11:21 | キッチン | Comments(0)

キッチンハウス、福岡ショールームの記事がアップされました

取材に行ったのは10月なんですが
やっと執筆できました。
福岡にできたキッチンハウスショールームの様子です。
a0116902_12324785.jpg
なぜこんな写真を載せてるかって?
ぜひぜひ6p目まで読んでくださいね。
こちらで。

a0116902_12333873.jpg
ミニマルな建築で味わうデザインキッチン


[PR]
by kitchen-kokoro | 2015-02-13 11:50 | キッチン | Comments(0)

素敵な暖炉とキャンディキャンディ

今年も撮了です。
1年間、自分らしい生き方を住まいで実現した人を
何軒お訪ねしただろうか。
そして最近は毎年、年末を建築家の自邸の取材でしめくくる年が続いている。

a0116902_17525842.jpg
こわもて風イケメン建築家(69歳)が
30年住み続けた自宅を取材。
ユーモラスで温かな対応に
笑い声の絶えない取材。
ちょっとこわそうな見た目とお人柄のギャップ!
オリジナルの暖炉がドラマチックすぎる。

30年前とまったくプロポーションの変わらないキッチン。
よく手入れされると、
キッチンは何年経っても美しい。
というか味わいが深くなる。
アルド・ロッシのやかんさえ
渋い。
a0116902_17521034.jpg
引き込み戸をセットバックさせ、
景色がフレーム状に切り取られる。
a0116902_17515219.jpg
建築家の人生と寄り添うように生きていた
建築の息吹を感じる瞬間。

年の離れた奥様は温かな人柄で
10年ほど前から、この家の歴史に加わって
空間をより深いものに育ててきたという。
そんな奥様の書棚にこんな本を発見!!
a0116902_17532319.jpg
もう20年近く読んでないですよお!と
絶叫したら
貸してくださいました。
なんて素敵。

「きみのえりまきを見つけたよ」
「生きていればいつか会える」
などの名台詞に
シビレマス!

こんな落ちですみません。

今年ご一緒したフォトグラファーの皆様
ありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。





[PR]
by kitchen-kokoro | 2014-12-18 18:00 | キッチン | Comments(0)

名古屋に現れた天空の城って?!

先月取材してきた名古屋のトーヨーキッチンスタイルの記事を
エキサイトで執筆しました。
a0116902_10283543.jpg

天空の城、名古屋本社がリニューアル
これがVIPルーム。
金のドラゴンはリヤドロ製。
名古屋って感じでしょうか?
a0116902_10273135.jpg
屋上庭園。

a0116902_10274898.jpg
タイルのバラエティが増えていて
かわいいです…。
a0116902_10271540.jpg
街の風景が見えます。
a0116902_10264267.jpg
リアルキッチン&インテリアからもお祝いのお花を出しました…が、
ザクの隣(笑)!ある意味名誉かも?

a0116902_10281356.jpg

今年は80周年ということで
毎月のようにトーヨーキッチンでは新しい発表がありました。
で、運良く、全出席できました。
ありすぎて、伝えきれないほどで
ちょっともったいないくらいです。
お疲れさまでした!











[PR]
by kitchen-kokoro | 2014-12-16 19:35 | キッチン | Comments(0)

愛用の食器洗い機用洗剤は?

a0116902_23481835.jpg

ときかれたので、こちらで。
エコ系の洗剤です。
とはいえ使いはじめたばかり。
これまではおなじみのフィニッシュか、キュキュットの食器洗い機用洗剤でした。

個人的には洗剤よりリンス剤のあるなしが、洗い上がりを左右する気がしてますが、これが日本ではめちゃ高い(´Д` )
[PR]
by kitchen-kokoro | 2014-12-08 23:45 | キッチン | Comments(0)

リアルキッチン&インテリア シーズンⅢはこの秋発売です

ご縁のあったひとのキッチンを、
大切に丁寧に撮り下ろす。
今年もそんな仕事が始まりました。
年に一度のこのチャンスを与えてくださった
すべての皆様に感謝して
今年もキックオフです。
a0116902_22415436.jpg

[PR]
by kitchen-kokoro | 2014-08-30 22:42 | キッチン | Comments(0)

キッチンの取材が続いています

久々にキッチン取材の現場にもどっています。
a0116902_7425651.jpg

ライブな感じとか、その人らしさとか。
キッチンはそれを表す場所と痛感。
a0116902_743171.jpg


ちょっと新鮮でやっぱり楽しい。
a0116902_7405363.jpg


女性誌ミセスの9月売りで
まったく違ったタイプのキッチン2例を紹介します。
ほんと違いすぎる2例。それぞれに魅力的。
[PR]
by kitchen-kokoro | 2014-08-03 07:44 | キッチン | Comments(0)

最近の新作展から

お盆休みの前に7月後半は新作の展覧会ラッシュ。

フランスの鋳物鍋、ル・クルーゼの新作。
a0116902_1030587.jpg


アメリカの水栓金具・コーラーのクラシックなシングルレバー水栓。
a0116902_10293832.jpg



樹齢100年以上とキビシく指定された
美しいミャンマーチークのキッチンや内装材のビジネス。
a0116902_1026892.jpg



そして夏の花のタイル。イタリアのシチスのモザイクタイル。
フラワーパワー。
a0116902_1035140.jpg


すべてキッチンという空間を通して
つながるもの。
[PR]
by kitchen-kokoro | 2014-07-28 10:35 | キッチン | Comments(0)

大阪―時の積もったキッチンで

台風をくぐり抜けて着いた大阪では、
さまざまな広葉樹と無垢のコンクリートが響き合う家が待っていた。
a0116902_20573496.jpg
雨の日は光が足りない。外中のつながりがゆるい家では
濡れた場所も出てきてしまう。
でもいいじゃない?しっくり撮ろうよ、とカメラマンさんと
思いが重なる。時を重ねた家は、青空パキーン…なんて撮らなくてもいいのだ。
それでも時間がかかってしまう撮影の中、
キッチンがいつの間にか温まり始めた。

とんとんと何かを刻む音がする。
かずこさんとふうこさんの親娘が、
取材チームのために、お昼を用意してくれていた…。
「建築家の作品」だった家に、とたんに魂が入ったように思えた。

加熱の機器はオールド・ガゲナウ。かっこいい。
このグリル、使う家が増えているけれど、こんなバージョンは初めてお目にかかる。
「石の中に少しハーブを混ぜ込むと、香りが食材に移るのよ」。
そんな素敵な使い方、ドイツのガゲナウ本社だって知らないだろう。
a0116902_20403737.jpg

ミーレの旧モデルは
ダイヤル部分がほんわか光ってる。
スマホ的なデジタルより、このオレンジの光の方がツボ…!
a0116902_20391356.jpg

お客様があるたびに、かずこさんは、こんなふうに一つ一つイラストにして、食卓の風景を残している。
このまま入稿できそうな、ハイレベルの画力!
思わず見入ってしまう。
a0116902_2373174.jpg

家族で映画を楽しむという地下室の、DVDやら、CDやらの奥に、かずこさんのこんなイラストも発見。
きっと映画を見ながら、頭の中でいろいろスケッチしたり、落書きしたり、楽しんでるんだろな。
などなど、その家の体温にやっとなじんできた頃、
撮影は無事終了するのである。
a0116902_20493086.jpg

[PR]
by kitchen-kokoro | 2014-07-13 21:38 | キッチン | Comments(0)

大阪で食べたおいしいもの〜トーヨーキッチン&リビング 大阪ショールーム

ミラノの話を書いている途中でしたが、
金曜日(4月18日)は、急遽、大阪に飛んで
日本最大のショールームになるという
トーヨーキッチン&リビングの前夜祭に参加してきました。
a0116902_2164470.jpg

ファッションブランドの大型店が建ち並ぶ
御堂筋のそばにキッチンのビジュアルが
夜の街で光っている。
a0116902_2162229.jpg

80本の芳しいバラで彩られた80周年記念。
a0116902_217118.jpg

同じように美しい社長夫人と、広報課長の渡邊嬢(ピンぼけ写真失礼)。
ま、まぶしいです…。
a0116902_2173239.jpg

気になったのはフラットではなく、3D仕様で凹凸感ある新着タイル。
a0116902_21253382.jpg

美しい人の背景として映えます。
モデルになっていただいたのはモダンリビングの下田結花編集長。
a0116902_2185789.jpg

きらっきらな空間のキッチンに
盛られているのは、名料亭・神戸吉兆の会席風のフルコース。
a0116902_218910.jpg

(造里 鯛、マグロ、イカを土佐醬油で)
小さな器に丁寧に盛られた
日本のお料理。板前さんがその場で盛りつけてくれる。
飲み物はドン・ペリニオン。

せっかくご用意いただいたお料理です。
和紙に刷られた「お献立」と照らし合わせて
一つ一つをきちんと味わいました。
おもてなしを受け取る心意気か、はたまた食い意地か?

華やか料理を置いた様子は
キッチンとインテリアの雰囲気を伝える。
a0116902_2175664.jpg
(揚げ物 海老の蓑揚げ、シイタケ、若い細いアスパラをレモンで、フォアグラゼリー、お祝いなので一口サイズのお赤飯が奉書に包まれて)
a0116902_2182653.jpg
(前菜のタケノコ木の芽和え、よもぎのごま豆腐、汲み上げ湯葉など)

立食のフィンガーフードとはちょっと違うから
自然、キッチンやテーブルで席につくことになる(場所は思い思い)。
そうするとキッチンや食卓の空気が体感できるのだ。
目線が低くなり、見えてくるものが変わる。

a0116902_21251336.jpg
小さな球のような器に、
お祝いの子持ち昆布。
だし汁の味が口の中で、まさにはじける。

特別な招待客限定という夜は、
少人数で、今まで話ができない人と会話ができた。
a0116902_23201558.jpg

最近のトーヨーキッチン&リビングで心に響く部分は、
社長をはじめ、キャラの立った社員のみなさん。
「人の顔が見える」ってことはやっぱり大事だと
やはり思うようになった。
a0116902_2182070.jpg

おしゃれ&サブカルフリークのTJさん。
サッカー好きでご子息までサッカー選手(海外で活躍中とか)という色黒イタリア男風のKMさん。
ワイン通、子鹿のような黒目美女(足首のケガにて大阪から離脱)のGTさん。
どこかたくましく、妖艶な女子部営業のホープ、HYさん。
控えめイケメンのKDさん。ダンディな大阪店長のMMさん。
と謎めいたアルファベットで…。
a0116902_2183443.jpg
ショールームで接客するみなさんも個性的な面々ばかり。
そう、なんかイタリアで洋服を買う時のやり取りに似ているかも。
(きちんと意見を言ってくれる)。
トーヨーキッチン&リビングでは
パーソナルコンシェルジュをぜひ見つけてほしいですね。
[PR]
by kitchen-kokoro | 2014-04-19 21:27 | キッチン | Comments(0)

キッチンジャ―ナリスト、エディター&ライターとして編集や取材執筆にたずさわる、本間美紀のブログです。キッチン、暮らし、インテリア、住まい、食、デザインをつなぎます。
by Miki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

画像一覧

最新の記事

リアルキッチン&インテリア ..
at 2017-11-21 17:05
11月24日 17時〜蔦屋家..
at 2017-11-13 18:49
久々の更新です
at 2017-11-04 17:07
10月12日 14時から 大..
at 2017-10-03 23:18
ドイツキッチンの取材に来てお..
at 2017-09-20 14:17

外部リンク

ブログジャンル

住まいとくらし
建築・プロダクト

検索

ブログパーツ

  • 掲載の写真の転載不可。

ファン

Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム