エキサイトイズム

カテゴリ:いろいろな仕事( 57 )

お弁当

日本人なら
お弁当や箱膳的な考えを
キッチンの収納や動線にいかせるのではないか。
なんて話が先日出て、
なんとなくお弁当の本を見ていた。
お弁当をつくるのは大好きである。
a0116902_1444088.jpg
ちなみにこの本、昭和40年初版だから
とても面白い。

「かかし弁当」
ウズラの卵とソーセージ(横向き)ハンバーグを串にさして
かかしをつくり、ごはんを詰めたお弁当にのせる。

コツはハンバーグはマルシン、ソーセージは真っ赤っかなものを
使うことと思われ。見た目のインパクトがスゴい!

「解放感を味わうおべんとう」
パン 三枚肉の焼豚 花野菜のカレーづけ きんかん甘煮

この献立の解放感の理由は不明。

「おじい様と園児のおべんとう」
カボチャはさみ揚げ ほうれん草のごまあえ ふりかけ

さみしい!お年寄りと子どもはベジタリアン?

「若い2人向きのおべんとう」
枝豆ごはん はんぺんの芝揚げ 野菜の卵よせ

渋い…! 若い2人って何歳くらい?
今ならさしずめ、チキンのバジル風味焼きとか、
スパニッシュオムレツとか、そんな感じかも。

この本の中では
クジラ肉もおかずの材料として
現役で活躍中だ。

フレンチドレッシングを酢油汁というのも
「暮しの手帖」でバターをバタ、鶏肉をトリと
表記するのに似た、気分を感じる。

とまあ、誰もが覚えのあることと思うだけれど、
昔の料理本ってはまってしまうよね。
[PR]
by kitchen-kokoro | 2011-01-05 14:18 | いろいろな仕事 | Comments(0)

2011年ヒット予測

ドイツのキッチンリフォームのお話、
書こうと思ったけれど、
なかなかうまく進まず!

また別の機会にして、とりあえず今年最後の金曜日、
2011年ヒット商品予測をご紹介。

今年も日本経済新聞社の「日経消費ウォッチャー」の予測調査に
参加させていただきました。

[専門家100人の2011年予想]

1位 スマートデバイス
2位 東京スカイツリー
3位 低価格ハイブリッド車
4位 羽田空港新国際ターミナル
5位 アンドロイド搭載スマートフォン
6位 超格安航空会社
7位 電子書籍ビジネス
8位 中国人観光客向けビジネス
9位 フリー飲料
10位 高性能3Dテレビ

ということで、10位以内に
住宅分野は入りませんでした。

昨年の予測では子育て支援や農業といったところが
10位以内に入っていましたが、今年はちょっと
そういったライフスタイル的な要素はランクインしていませんね。
新技術にまつわるものが多いようです。

圏外の中での注目キーワードとしては
高齢者向け賃貸住宅、日本の伝統工芸と食品(外国人旅行者向け)、
家飲み向け商品…とありましたが、大きな意味でキッチンとか家具も入ってくるかもしれませんね。

私の提案したキーワードは「本質主義商品」です。
今年の国産メーカーのキッチンに見られた傾向ですが、
高価格、インテリア性、楽しみと行った面より、
時短、家事が楽、お手入れがしやすいといった
本質的な機能にしぼった商品が増えてきたように思えました。

ちなみに博報堂が発表した「ヒット因力 2010→2011」。
興味度ランキングは以下の通り。

1位 LED照明
2位 ご当地商品
3位 スマートフォン
4位 タブレット型情報携帯端末
5位 スカイツリー
6位 おかずラー油
7位 羽田空港国際化
8位 池上彰
9位 コンビニロールケーキ
10位 熱中症対策グッズ

でした。
LED照明は日進月歩。来年はどうなるのでしょうか。
勉強しないと…。
[PR]
by kitchen-kokoro | 2010-12-24 14:03 | いろいろな仕事 | Comments(0)

エルデコ×ジャパンブランド

日本の伝統技術とデザインを
プロダクトにする企業を支援する「ジャパンブランド」。
a0116902_11441279.jpg
このコミュニケーションのための
冊子をエルデコが製作。
原稿の一部を担当しました。

エルデコ編集長の木田隆子さんと
喜多俊之さんの対談原稿。

これがほぼ原文そのままで
英語、フランス語で訳されているのに
感動。

自分の文章が他言語で表現される
機会はめったにありません。
あっても意訳だったり…。

以前日経ウィークリーで英訳はあったのですが、
フランス語は初めてかも!
1月のパリのメゾンエオブジェでも
配られるそうです。
[PR]
by kitchen-kokoro | 2010-12-08 11:47 | いろいろな仕事 | Comments(0)

大阪 リビング&デザイン サテライトのトーク会場

1日に、つたないトークを無事に終えましたが、
驚いたのは会場!
中之島にできた新しい建物で
こんな素敵な場所でトークさせてもらったのは初めて。
a0116902_1233096.jpg
川沿いのオープンな建物「中之島バンクス」。
正式な開業は来年だそうで、今年は今まだ空いているスペースを
活用してのイベント。
a0116902_1245481.jpg
本体のリビング&デザイン(インテックス大阪)やデザインイースト(名村造船所)も見ましたが、
う〜ん、大阪、すごい。
東京みたいにつるつるピカピカの再開発だけじゃない
いわくいいがたい魅力がある。
[PR]
by kitchen-kokoro | 2010-10-02 01:21 | いろいろな仕事 | Comments(0)

今どきのインテリア消費者を知るー建築知識ビルダーズ

a0116902_9165580.jpg
工務店や現場の職人、リフォーム会社、建築家などに
新しい情報を届ける
建築知識ビルダーズが創刊された。
50年の歴史を持つ「建築知識」誌の
エクステンションブランド。

インテリアやキッチン。
今はお客の方がよく知っている。
というのはプロの世界でも、
よく言われていること。

そこで私が担当したのは、
ビルダーが知っておくべき家具のトレンド、消費傾向について
客層を4つのマーケットに分けて、プロ向けに執筆。
施主の暮らしや好みを「リアル」にわかってもらおうという狙い。

実は「新築時に工務店さんが
自分たちの好きな家具やインテリアのニュアンスをわかってくれず、
◯◯を作り直してもらった」等々の話を、今年に入って二回も聞いた。
いずれも住宅の取材である。
なので施主と話すときに、ある程度インテリアのスタイルが
頭に入っていることは今後、必須のようである。
a0116902_9171161.jpg
ということで、プロ必読の連載とすべく
鋭意、リサーチ中。
第一回目は「プチリッチ系デザイナーズマニア」。

まだできてない、ようなラフな仕上げをかっこよく思う。
彼らの心理を知ってください。

建築知識ビルダーズ
[PR]
by kitchen-kokoro | 2010-03-10 10:19 | いろいろな仕事 | Comments(0)

本日から第13回文化庁メディア芸術祭

メディアの仕事をしているから、
「メディア」についてはよく考えている。
でも「メディア芸術」ってなんだろう?
a0116902_9322649.jpg
そう思って出かけてきたメディア芸術祭プレビュー。

a0116902_9324141.jpg
Lawrence MALSTAFの作品。
巨大なシリンダーの中で、粒子がスゴい勢いで回ってる。
中では何が見えるのだろうか。
a0116902_932596.jpg
映像と空気圧で作った表現。
中の人が飛び上がったり、蹴ったりすると空気圧で箱が変形する。
その様子がリアル。
Nika OBLAK/Primoz NOVAKの作品。

a0116902_9331798.jpg
ウェブサイト、ゲーム、マンガやアニメもメディアとされ、受賞の対象に。
素晴らしいマンガやアニメは時に
アートや文学以上のものもあるから、ある意味ただしいのかも。
マンガの閲覧コーナーやツィッター広場まである。
a0116902_9332972.jpg

今はまだ「特殊な」分野のように思われがちだが、
この展覧会に出ているような表現は、
最近元気のない現代アートや中途半端な近代美術くらいなら
10年後にはしのいでしまいそうな、底力を感じる。

国立新美術館で2月14日まで。
第13回文化庁メディア芸術祭

主催/文化庁、国立新美術館、CG-ARTS協会
問い合わせ 0120-454536(会期中)
[PR]
by kitchen-kokoro | 2010-02-03 10:55 | いろいろな仕事 | Comments(0)

エルデコ2月号

a0116902_2095194.jpg

ELLE DECO2月号で久しぶりにリノベーションなどの特集を担当。
ブルースタジオ石井健さんのインタビューや
インテリアコーディネートのコツなどを執筆。

その取材で久々にお会いしたのが
カガミ建築計画の各務謙司さん。
渡米後、ニューヨークなどの
超高級物件(アパートメント)の内装計画を手がけた後、
東京で事務所を開設。
ハイエンド物件のリノベーションに強い建築家。
が、ご本人は白金のほんわかした
団地に事務所を構えているから、面白い。
昔ながらの小さめのモジュールのお部屋で、
古さがなんとも味になっている。

各務さんのブログにもご紹介いただきました!
[PR]
by kitchen-kokoro | 2010-01-21 10:21 | いろいろな仕事 | Comments(2)

新年がはじまりました

a0116902_10102873.jpg
2010年が始まった。
去年のおみくじは「凶」が3回。
うち2回は違うところで引いたにも関わらず、同じ内容だったから、
よほど神様は強く伝えたかったのだろう。
今年はすでに「大吉」が2回!
気持ちを引き締めて、気分よくスタートしたい。

おみくじの文体ってすごい。
いいようにも悪いようにも取れるような表現だけど、
口調はかなり強い断定調。
これって意外と難しい書き方だ。
今年は商品レビューはこの「おみくじ文体」で行こうかしら。

a0116902_10104110.jpg
年末はキッチンの棚をきっちり拭く。
全部出すとこんな感じ。

a0116902_10105399.jpg
元旦は霞ヶ浦からつくば山を臨む。
新年にふさわしい清々しい空。

みなさま、どうぞ今年もよろしくお願いします。
[PR]
by kitchen-kokoro | 2010-01-04 10:10 | いろいろな仕事 | Comments(0)

2010年のトレンド予測

「専門家100人が予想する2010年のヒット予測」
に参加させていただいた「日経消費ウォッチャー」。
日経の産業消費研究所が発行している。

会員制の定期購読誌なので、一般に目にふれることはないけれど、
毎回、ぎっしりと役立つデータが載っている。誌面は地味だが、内容は充実。
a0116902_1003878.jpg


来年のヒット予測ベスト10位はというと…。

【2010年ヒット予想】

1 新型インフルエンザ対策
2 ゼロエミッション車
3 深夜羽田発ツアー
4 タッチパネルパソコン
5 高速ワイヤレス通信
6 子育て支援
6 農業
8 コミュニケーション系アプリ
9 電子書籍端末
10 自動車自転車シェアリング

でした。

20位までを見ても、住まいや食に関するキーワードは少なく、
パソコンやインターネット、
自動車などの乗り物関係が大半。
同点で6位に農業と子育てが入っている。
なぜか12位に坂本竜馬と四国。
これは大河ドラマの影響とか。

振り返って昨年の今頃、手元に届いた同誌から今年の予測ベスト10位を。

【2009年ヒット予想】
1 住宅用LED
2 エコカー
3 国産食材
4 超低価格テレビ
5 アバクロ
6 タッチパネル機器
7 格安海外旅行
8 簡易修理ビジネス
9 内食
10 モバイルワーカー向け端末

思い当たるところはあるか、ないか?
住宅用LEDは確かに普及したかな…。
タッチパネルは今年後半から
ぐんぐん増えてきたような。
アバクロはつい先日、開店。

今年もあと2週間。そういえば
表参道のイルミネーションはLEDに切り替わった。
11年ぶりの復活だそう。
a0116902_100482.jpg

[PR]
by kitchen-kokoro | 2009-12-18 10:13 | いろいろな仕事 | Comments(0)

本日が…

本日が今年最後の山であってほしい。
というほど、いろいろなことが立て込んでいる月曜日。

最近はゆったりとした12月が多かったのだけれど、
今年は久々に年末進行越え。
いま「峠を越えた!」…気がしている。
[PR]
by kitchen-kokoro | 2009-12-14 18:42 | いろいろな仕事 | Comments(0)

キッチンジャ―ナリスト、エディター&ライターとして編集や取材執筆にたずさわる、本間美紀のブログです。キッチン、暮らし、インテリア、住まい、食、デザインをつなぎます。
by Miki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

外部リンク

ブログジャンル

住まいとくらし
建築・プロダクト

検索

ブログパーツ

  • 掲載の写真の転載不可。

ファン

Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム