エキサイトイズム

カテゴリ:キッチンツール( 48 )

キッチンツールブランドたち

取り急ぎ速報記事をこちらにアップしています。
ドイツのキッチンツール見本市速報
a0116902_1847672.jpg
手抜きじゃないのですが、
ダブルで回しておりますので
こちらに飛ばしますが、
どうぞどうぞよろしくお願いします。

a0116902_18442333.jpg
取材中に食べたおいしいものの写真はこちらに
あげようと思っております!







[PR]
by kitchen-kokoro | 2016-02-18 19:59 | キッチンツール | Comments(0)

ドイツでキッチンツール取材中です

ドイツのキッチンツール見本市を取材中です!
a0116902_1847236.jpg
イタリアのアレッシイは日本でも大人気。

a0116902_18471249.jpg
ノーベル賞のディナーに使われるカトラリー ゲンセの新作はパオラ・ナヴォーネ

a0116902_18471873.jpg
イッタラ×イッセイミヤケ。

あるいてもあるいてもお皿だらけ!
[PR]
by kitchen-kokoro | 2016-02-14 18:49 | キッチンツール | Comments(0)

ドイツで買ったもの


このブログ、いろいろ時間軸が交錯しますが、
先週までドイツに超スピード出張してました。
3泊5日のショートステイです。
が、今回は若干余裕がありました。
スーツケースは半分が空っぽでした。
で、、、何を買ったかというと。

デュブイエのミニフライパン。
小さいのに本物感があります。
酸化カーボン?
使用上の注意を渡されましたがオールドイツ語で読めません。
わずか11ユーロ。安いです。

a0116902_23301079.jpeg
しかし、手荷物検査で引っかかって焦りました。
確かにフライパンも凶器といえば凶器です。

今回、度々ご一緒したグラフィックデザイナーの山野英之さんが
ドイツ版マツキヨみたいな店で買ってきて、
「私も買うー」って言ったブラシがこちら。
我が家のキッチンシンク、超でかいの(幅90センチ)で、
このブラシでごしごし磨くつもりです。
先っちょの角度と円形なのが使いやすい。
0.55ユーロ。100円しません。
a0116902_23302669.jpeg
ドイツのお土産で人気ナンバーワンなのが
こちらです。
グラスピュレっていうのですが、
食器洗い機に入れるリンス剤で、私はやはりこれを入れると
洗い上がりがさっぱりピカピカ、湯切れもいいと思います。

が、日本だと超高いんです。
300mlほどの小さなボトルで1000円弱します。
ドイツでは汎用品なので、750mlの大きさで1本2.7ユーロ。
なのでミーレなどの食器洗い機使っているお友達と小分けにします。
まあ、安いんですけど、重いんですよね。
a0116902_23304547.jpeg
変な買い物です。


[PR]
by kitchen-kokoro | 2016-01-20 23:29 | キッチンツール | Comments(0)

アメリカで買ってきたキッチンまわりのもの

アメリカではホールフーズマーケット、トレーダーズジョー、とルルレモンがお気に入り。
他の店には目もくれず、そこでたんまりと買ってしまう。
お会計はアメックスでピっ。あとから請求が怖い。
とはいえ買うと言ったって。
コーンブレッドやパンケーキ、バタークッキー(箱が可愛いから)。
めずらしい常温保存パックのホイップクリーム。
a0116902_00164898.jpg
リフィルフリー(おかわり自由)でもうれしくない
アメリカンコーヒーに辟易して、
家では美味しいコーヒーを淹れようと買い込んだグルメ豆。
日本ではブルーボトルに行列ができているけれど、
それって前提がちがうのでは。
日本みたいにまあまあコーヒーがおいしい国では
サードウェーブコーヒーなんて、ホントは今さら…何ではないかと思う。
アメリカでは後半は、コーヒーは苦い麦茶だと思って飲んだら、
それはそれだった。
a0116902_00171675.jpg
HAYやMUUTOなんかにも似た、
セカンドライン系のブランドがついにキッチンツールの世界にも。
アメリカはほんとモノづくりではなく、コミニュケーションとマーケティングの国。
どこにでもあるものを、コミュニケーションを変えるだけで
魅力的な何かに変えてしまう。
そして大量にかつ、楽しく消費させるのが本当にお上手!
それはいつも勉強になる。
a0116902_00174806.jpg
でも住むところではないなあ…。

[PR]
by kitchen-kokoro | 2015-03-20 09:18 | キッチンツール | Comments(1)

インテリアライフスタイル展が6月4日から

インテリアからファッション、フードライフなど
なるほど…とおもう新製品やブランドが顔を揃える
インテリアライフスタイル展が6月4日から
始まります。
場所は東京ビッグサイト。
a0116902_17293055.jpg
注目のグロッサリーフードもいろいろ出展。写真はル・プチ・エピスリー。

a0116902_17292156.jpg
more treeの深澤直人さんのまな板。シンプルで上質。

a0116902_17292474.jpg
ビアレッティは最近、興味あるブランドです。
ドイツのアンビエンテ、ミラノサローネのトルトーナ地区にも出展していて、
いろいろ話を聞いたりしています。
エスプレッソマシンの原型はこのブランド発だそうです。


a0116902_17291916.jpg
若手デザイナーの食器アドベンチャ―プレート、hinumaikumiさんの作品。

a0116902_17264111.jpg
そして今年はムーミンブームですね。大人ムーミンなアイテムも登場。
キャラクターものも今はとてもシックで素敵です。
©Moomin Characters™

doinelの箱はめちゃかわいい!
たかが箱?されど箱。箱に精密なワールド。
a0116902_17411315.jpg


来場希望の方はこちらで登録!
インテリアライフスタイル展
[PR]
by kitchen-kokoro | 2014-06-02 17:30 | キッチンツール | Comments(2)

キッチンツールや生活道具が楽しい

3月のシカゴのつれづれを書いているうちに、
2月のドイツ・取材がやっとまとまりました。
アンビエンテは生活道具、キッチンツール、いろいろありますが
今回は特に私が好きな部分をまとめたお気に入りの特集になりました。

こちらでぜひお読みください。
ヨーロッパの美しい生活道具、最前線

a0116902_1871717.jpg
モヒートをつくる魔法のスティックとか。
a0116902_1865337.jpg
ウィーンの女性料理人によるリースの新アイテムとか。
a0116902_1865858.jpg
女性なら憧れる、ティアード・ディッシュとか。

見るだけで美しい写真も満載です!
[PR]
by kitchen-kokoro | 2014-03-31 18:12 | キッチンツール | Comments(0)

ル・クルーゼ―黒、藍、パステルカラー

フランスの鋳物鍋、ル・クルーゼはカラー展開にとっても積極的です。
ドイツのアンビエンテでも、日本には未着の新色がたくさん出ていました。
これはアメリカ市場向けの色で
パームというヤシの木をイメージしたグリーン。
a0116902_18421775.jpg

で、日本のマーケティングもとても頑張っていて、
日本市場向けの色というのもあります(これは日本の新作展から)。
たとえばこの黒やネイビー。
a0116902_18394322.jpg

漆器や藍という文化を持つ日本は、
こういった濃い色を食卓で使うことに
昔から慣れているように思えます。
a0116902_18405855.jpg

日本での新作をこちらで執筆しました。
パートナーと使いたい、シックなルクルーゼ新作

a0116902_1841955.jpg

フレンチパステルもこの春から
日本のお店に並ぶそうです。

a0116902_18384943.jpg
新作展の会場では、
フレンチパステルの食器のイメージに合わせて、
こんな愛らしいケーキが、ルクの食器とコーディネートされていました。
こういうのって
何歳になっても憧れのケーキですね(食べると甘いんだけど…)。
[PR]
by kitchen-kokoro | 2014-02-24 18:43 | キッチンツール | Comments(0)

イタリアのアレッシィと建築家・伊東豊雄さんとのランチ

一般的にカトラリーの持ち手は先端にいくほど、広がったデザインが多いが、これはお箸のように細いまま。「最初は有機的なフォルムから考えたが、徐々に六角形に絞られた。日本人が箸を持つ時の指先の微妙な感...
東京の六本木の国際文化会館は
いつ行っても、建物の品格が素敵だと思います。

そんな場所で、ユニークなランチに招かれました。
当日のレポート記事をエキサイトイズムで執筆しました。
[PR]
by kitchen-kokoro | 2013-05-27 09:24 | キッチンツール | Comments(0)

アレッシィの新作記事をアップしました

a0116902_23465638.jpg
イタリアのキッチンツールブランド、アレッシィ。
新作の記事を執筆しました。
ポップな小物じゃないからね!アレッシィは。
ステンレスの工房から発した職人気質の
道具を作るブランドなんです…と
アンナGとかカラフル小物ばかりがフューチャーされる
日本の事情に、ちょっと不満なワタクシ。
上の写真はアレッシィのインテリア小物ばかりを集めたブースの様子(ドイツ)。
記事はこちらで↓
アレッシィの新作インテリア小物

(タイトルはセレクト…とありますが、これは編集部側でつけたもの。
アレッシィはセレクトショップではなく、メーカーです…とここで訂正)


a0116902_23471728.jpg
moooiで有名なマルセル・ワンダースのお鍋「dressed」は私も好きなシリーズ。
このビジュアルがなんともマルセルらしい…。
a0116902_23473116.jpg
ステンレスばかりでなく、上質な食器もたくさんある。
色柄というより、デザイナーによって
微妙なフォルム違いのお皿シリーズをそろえるのが
アレッシィだ。
質実剛健な印象さえある。

ところでこちらはフィンランドのイッタラのブース。
a0116902_23481417.jpg
クリスマスのアドベントカレンダー(24日に向けていっこいっこ窓を開けていく、箱形のお菓子)のような
ディスプレイを木の箱で。
a0116902_23475691.jpg
イッタラのブースではこんなおもちゃみたいなケーキをゲストにサーブしていた。
a0116902_23482652.jpg
ぱきっとしたチョコケーキも。でもきっと食べると味はドイツ味に違いない…。
[PR]
by kitchen-kokoro | 2013-05-07 23:59 | キッチンツール | Comments(0)

キッチンツールスタディーズ

a0116902_21572586.jpg
実は今年のライブス1月号より、
「キッチンツールスタディーズ」という連載を
始めています。

インテリアや住まい、デザインその他、
ライフスタイルに関わる面白い人と、
キッチンツールに関していろいろ語り合い
一緒に試してみる、という
まさに私らしい、テーマ。

大好きだった同誌編集部の
佐藤可奈子嬢の企画(もう退職されましたが…)。
ありがとう。楽しんでます。

a0116902_21482438.jpg
が、意外と取材のセッティングが難航するこの企画、
今回は珈琲に挑戦です。

豆の仲野」という
知るヒトゾ知る珈琲と焙煎専門店の
仲野慶さんとアレッシィの名作エスプレッソマシンを
試しました。

気さくでお話がわかりやすく、
コレックスのバイヤーもしていたという
彼には大注目です。
とってもおしゃれで、ライフスタイル系珈琲の
分野を開拓しそうな人。

とはいえ、
かしこまって飲まなくても大丈夫。
ごくごく飲める(ってのも変だけど)、
だけど飲んだ瞬間「なにこれ、オイシイ!」って
思わず言ってしまう…。
それが仲野さんの珈琲。ちっとも気取ってないの。

珈琲にあうフード持ち寄りましょうか?と
言い合って
仲野さんはIKEAのチョコ、
私は辛口柿の種とカレーパン。
でも仲野さん、笑って許してくれた…。

この取材記事は
5月15日発売のライブスまで
お待ちくださいませ。

過去には
和田浩一さん(キッチンデザイナー)×サーモスのスモーカー
宮澤奈々さん(料理研究家)×マイクロプレイン
小柴大樹さん(北欧ショッププロデューサー)×エバソロやスキャンパンのフライパン
大川三枝子さん(建築家)×ふたがガラスのご飯釜
などなどが登場しています。
しかしあっという間に5回目ですね。
[PR]
by kitchen-kokoro | 2013-04-07 21:58 | キッチンツール | Comments(0)

キッチンジャ―ナリスト、エディター&ライターとして編集や取材執筆にたずさわる、本間美紀のブログです。キッチン、暮らし、インテリア、住まい、食、デザインをつなぎます。
by Miki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

本間美紀の本 

リアルキッチン&インテリア シーズンⅡ(小学館)発売中

リアルキッチン&インテリアⅠ(小学館)

内容はこちらでも紹介しています!

外部リンク

ブログジャンル

住まいとくらし
旅行・お出かけ

検索

ブログパーツ

  • 掲載の写真の転載不可。

ファン

Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム