エキサイトイズム

レッドドット賞とタッパーウェア

タッパーウェアというと、ああ、あのタッパーウェア?という感じかもしれない。
そんな日本タッパーウェアから、大きな箱が届いた。
a0116902_9431094.jpg
あけてみるとこんな感じ。フランクフルトの見本市などでよく見かける
「レッドドット賞」の大きなマーク。

よく日本のグッドデザイン賞に比されるけれど、
私の目から見れば、もっとレベルの高い賞。
レッドドットをとったものは間違いなくきれいでいいものが多い。
妥協して賞をあたえることのない、ドイツ人気質が垣間見える。

レッドドット賞は
ドイツのノルトラインヴェストファーレン州のデザインセンターが選定する。
この州はドイツでもインダストリアルなエリアで、
私もこのあたりの工場には結構取材に行っている。
グローエ、ヒュルスタ…。ケルンメッセもこの州だったと思う。
フランクフルト辺りのヘッセン州の雰囲気とはまた違い、
少し鉛色のイメージがある。

a0116902_9434866.jpg
開けてみるとつるりと、赤く丸い、保存容器。
お皿にもできる。ラディアンスボールという。
内側と外側では色がちがい、
曲面はバランスのとれたカーブを描いている。
a0116902_944821.jpg
実はタッパーウェアは毎年、
このレッドドット賞を取り続けている、という資料も同封されている。

タッパーウェアは60年前に、
アール・サイラス・タッパーというひとが発明した樹脂の保存容器に始まる。
たしか実演販売的な、独特のセールス方法でそのシステムごと売る仕組みだったと思う。

a0116902_9445822.jpg
ちょっと日本の漆的な雰囲気もあるけれど、これを使いこなせるセンスが私にあるかしら?

保存容器の意味でつい「タッパー」といってしまうけれど、
これは実は特定の商品名(記事内でこう表記してしまうと、
日本タッパーウェアからチェックが入ってしまう、
ホッチキスとかと同じことですね)。

最近のタッパーウェアはカタログの写真もきれいで、
使い方の提案もおもしろくて、最近はこんな記事を執筆した。
美しい保存容器で、美しい食生活を

振るだけでホイップクリームが泡立つシェイカーとか、
トレイのように平べったい保存容器
(薄くてふたができるものってあまりないですよね)など、
探すと意外な機能の製品も多い。
[PR]
by kitchen-kokoro | 2009-10-11 23:57 | キッチンツール | Comments(0)

キッチンジャ―ナリスト、エディター&ライターとして編集や取材執筆にたずさわる、本間美紀のブログです。キッチン、暮らし、インテリア、住まい、食、デザインをつなぎます。
by Miki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

外部リンク

ブログジャンル

住まいとくらし
建築・プロダクト

検索

ブログパーツ

  • 掲載の写真の転載不可。

ファン

Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム