エキサイトイズム

リッツカールトン大阪 ステイ 01 お部屋編

先日、仕事のご縁で大阪のリッツ・カールトンに泊まることになりました。
出張が多いので、ホテルにはよく泊まりますが、日本ではビジホ、
海外では時間に追われて、あまりゆっくり写真を撮る機会がありません。
しかし今回はサービスで世界に知られた大阪リッツですから
少ししっかりと滞在してみることにしました。

まずはキー。シンボルのライオンが彫り込まれた
しっかりしたキーで、今回は上階のラウンジも使えるお部屋でした。
a0116902_22593496.jpg
お部屋はなんと角部屋。見えるのが大阪梅田の風景、というのがアレですが
エグゼグティブ気分ですね(全くエグゼグティブではありませんが)。
a0116902_23002702.jpg
ちょっと意外だったのは家具は超クラシック。
ジョージアン調?ヴィクトリアン調?
極甘の直球クラシックとも違う、少し英国風というかウィーン風というか
辛口のクラシックです。
a0116902_23013023.jpg
家具は淡いブルーでアップホルストリー。
ベッドカバーなどもブルーが効かせてありますね。
a0116902_15472881.jpg
洗面はダブルボウルです。
一人利用ですが。トイレはきちんと個室で、
バスタブの他にシャワーブースがあります。
頭上からジャーーーーッとシャワーが出てくるのがいつも怖くて
シャワーブースは利用しませんでした。ハンドシャワー&バスタブ派です。
アメニティは英国のラグジュアリーブランド「アスプレイ」のものでしたが、
初めて知りました。
タオルはもちろんライオンマークの刺繍入り。
a0116902_23020537.jpg
夜部屋に戻るとちゃんとターンダウンサービスがありました。
これはベッドカバーやクッションで「昼仕様」だったベッドを
寝るように整え直してくれるサービス。
a0116902_16224435.png
間接照明の様子もご覧くださいませ。
a0116902_23022341.jpg
クローゼットは引き戸を開けるタイプで、これは家にもとりれたいアイディアです。
さらさらコットンのオリジナルパジャマは着心地よかったです。
a0116902_23061366.jpg
ビジネスデスクはクラシック調なのに、中の引き出しまで無垢の彫り込み。
電源は各種の端子も備えられていました。
個人的にはガラスの天板が好きではありませんが。
a0116902_23034538.jpg

ラウンジでのフードプレゼンテーションや朝食はまた続きます。







とっておきのキッチン&インテリア案内『REAL KITCHEN&INTERIOR SEASON IV』 (小学館SJ・MOOK)

本間 美紀/小学館

undefined






[PR]
by kitchen-kokoro | 2016-03-09 09:08 | いろいろな仕事 | Comments(2)
Commented by cache2sweets at 2016-03-09 21:05
こんばんは、カシュカシュと申します。
コメントありがとうございました。とっても嬉しかったです♪

わぁ、リッツ・カールトンいいですね~、憧れます。
調度品も豪華で、リッチな気分を味わえますね!
やさしい間接照明も素敵ですし・・・、1度でいいから泊まってみたいです(笑)
続きも楽しみにしておりまぁす。
Commented by kitchen-kokoro at 2016-03-10 00:45
カシュカシュさん。素敵なお料理写真に癒されてます。ホテルより素敵なおうちご飯がほっとしますよー(^-^)

キッチンジャ―ナリスト、エディター&ライターとして編集や取材執筆にたずさわる、本間美紀のブログです。キッチン、暮らし、インテリア、住まい、食、デザインをつなぎます。
by Miki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

本間美紀の本 

リアルキッチン&インテリア シーズンⅡ(小学館)発売中

リアルキッチン&インテリアⅠ(小学館)

内容はこちらでも紹介しています!

外部リンク

ブログジャンル

住まいとくらし
旅行・お出かけ

検索

ブログパーツ

  • 掲載の写真の転載不可。

ファン

Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム