エキサイトイズム

宮澤奈々さんちでHOME LUNCH

料理研究家の宮澤奈々さん。
奈々さんが新築に際して、
いろいろとキッチンの情報を知りたいということで
紹介され、それからのおつきあい。
でもゆっくりお食事をする機会はなかなかなかった。
5月の初め、そんな彼女のHOME LUNCHにお招きされました。

そのお料理は本当に食事というより、フードアート。
奈々さんの美意識やイメージがぎっしりと詰め込まれた宝箱。
ドイツのポーゲンポールのキッチンを舞台にしたそのお料理を、
今回はしっかり紹介しちゃう!

ランチは家の中心にあるテラスにしつらえたアウトドアテーブルから
スタート。四角い変わったビンの泡ものと、前菜がセットされています。
印象に残ったのはフレンチトーストを塩味にした
おつまみ。
そう、フレンチトーストって甘いものだとおもってた。
確かに塩味にしたら、ワインのよいおつまみだわ。
パウンドケーキじゃなくて、ケーク・サレ、みたいなことだよね?!
a0116902_1712503.jpg

中庭でアペが終わって、
用意されたテーブルは…。
このスプーンといい、料理の盛り方といい、私には絶対に発想できない!
人参のムースは擂り下ろした人参を1日掛けて漉して、
美味しいところだけを残して…と、この1皿だけで
(私的に)気が遠くなるほど手がかかっている。
メニューカードも手づくり!
a0116902_1741118.jpg


半分、火を通したマグロを緑のリーフで添えて。
a0116902_17155456.jpg


初夏を感じさせる陽気に、山高に盛られたフェデリーニ。冷たくしめた冷製パスタは、トマトとチーズがクリーミーなケッカソースがたっぷりと和えてある。
ワゴンにのせて、奈々さんのスマイルとともに…やってきた。
a0116902_17133684.jpg

奈々さんらしいのが、お皿にぷかりと浮かんだトマトのジュレ。
透明だけど、トマト味。夏の香り…ふわっと。
パスタと喉越しのいいジュレがつるんと口の中で合わさって、
もういくらでも食べられてしまうのです。
a0116902_17151837.jpg
でもこれで終わりじゃない…。
ドイツ・ガゲナウ製のオープングリルで
じわじわと焼いていた夏野菜、松坂牛と自家製ソーセージ。

奈々さんは簡単な夕飯などは、ここでさっ
と余った食材を焼いて済ませる、
と言ってましたが、
ガゲナウで夕飯づくりってことがもうすごい…。

a0116902_17164571.jpg

ころんとしたソーセージはもちろん手づくり。
奈々さん、まさに「腸詰めしたの?!」という質問に、にっこり微笑む。
a0116902_17171049.jpg

キルティングみたいなフォームのケーキは、
とろりとミルキーな味。
3Dなケーキの発想が、すごい(なみなみの樹脂プレートを探して
つくったのだそう…!)
a0116902_17173716.jpg



いったいいつこんなお料理を考えているのか。
プロダクトデザイナー並みの総合的で立体的なメニュー。
目でも食感でも味でも楽しめる。

そのバックヤードが知りたくて、こんな記事も。
宮澤奈々さんーリアルキッチン&インテリアの取材から

だって、これがひと月とか、一年に一度の大切な時ではなくて、
これが奈々さんの日常。それがすごい。

ドイツのポーゲンポールでつくった、
本人も最初は「宇宙船みたいに大きい」と驚いてしまったキッチン。
半年もすればもはや彼女の庭。
そしてキッチンの片隅で奈々メモを見た!
さらっと書き流したメモに奈々さんのリアルを見る。

料理は最終形。奈々さんの頭の中ではずっとイメージがある。
つきない創造力。
理系的な整理力や判断力(キッチンの中の収納もすごいのです)
美大のような料理へのアーティスティックなセンス。
いつも笑顔で、おもてなしを楽しむお人柄。
メイクも髪も、ちゃんと自分らしく整えるゆとり。

ということでメニューカードはこちら(奈々さんデザインの手づくり)。
a0116902_17113933.jpg


本当にいったいこの人は、どんな人?!
さらに「宮澤奈々」という人の深さを知りたい…と
改めて思った第一章的なランチだったのでした。

そんな彼女のキッチンは
リアルキッチン&インテリア シーズンⅡ」(小学館)にて
チェック!です。
写真の他、奈々さんのキッチンをグラフィックドローイングに落として
解説してます。
a0116902_17201647.jpg
ダブルカバーで、カバーを外すとインテリアに飾れるシックな本体が登場。
奈々さんのお気に入りは本体の方だそう。

当日の様子は奈々さんのブログのこちらこちらで、2回にわたって掲載されてます。

そして奈々さんの宝石箱みたいなお料理の秘密は
こちらにて惜しげもなく公開されています。
シンプルなおもてなし〜モノトーンのお皿に盛り付けマジック

↑この本、シンプルっていうより、もうね、奈々マジックです。
アートの領域行ってます。
[PR]
by kitchen-kokoro | 2014-05-26 17:30 | ご飯&フード | Comments(0)

キッチンジャ―ナリスト、エディター&ライターとして編集や取材執筆にたずさわる、本間美紀のブログです。キッチン、暮らし、インテリア、住まい、食、デザインをつなぎます。
by Miki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

外部リンク

ブログジャンル

住まいとくらし
建築・プロダクト

検索

ブログパーツ

  • 掲載の写真の転載不可。

ファン

Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム