エキサイトイズム

フランスの鋳物鍋、シャスールのお手入れ

シャスールはフランスの鋳物鍋ブランド。
かのルクルーゼやストゥブに比べると、
すこ〜し後からちょこちょこついてきてるコ。
そんな印象を持たれがちだけど、なかなかのお鍋である。

私もピスタチオグリーンのφ20センチを
一つ持っているけれど、
ルク姉さんやストゥブ兄さんに比べると、
ちょっとほんわかした太めの妹…みたいなキャラである。
なんというか、シェイプがゆるいのよね。

そんなシャスールの新作発表会で、
フランス本社からきた
日本担当マネージャー(フランス人女性、推定60代)にお会いした。
a0116902_12153831.jpg
現地フランスでのシャスールの使いこなしやお手入れについてたずねてみた。

「まず大抵のフランス人はφ16㎝とか20㎝のシャスールは使わないわね。
もっと大きい。これは日本向けサイズ」とまずはばっさり。

ご存じ厚い鋳物のホーロー鍋はじんわりと熱を伝え、
煮込み料理を作るのに適している
「フランス人は大鍋でどかんと煮込み料理を作るの。
2〜3人前をつくるっていう発想はないわね」

「何より私たちフランス人は食いしん坊。
たっぷり食べるし、余ったら近所の人に分ける。
とにかくたくさん量をつくることも美味しさの秘訣なの」。
マダムは自分の大きなお腹を指し示しながら、笑う。

a0116902_12145133.jpg
こんなに重い鍋、やっぱり食器洗い機で洗うのかしら?
「いいえ、大きなお鍋は家族の宝物。できるだけ手で洗います。
洗って乾いたふきんでしっかりと拭きあげておくと長持ちします」

大切なのはオイル塗りだという。
「ほら、フチの部分はホーローがかかっていないでしょう。
この部分に指でやさしくオイルを塗りこんでおくと錆びないわ」。
たしかにフチは砂色で、ホーローがかかっていない。なるほどね。

ちなみにわが家では20センチでも、かなり重く感じる。
鍋の残りを皿に移す時は
夫に鍋を持ってもらって、二人掛かりの作業になるというのに…。
腕力がなければ使いこなせない。
もっと大きなお鍋を扱うフランス人家庭に脱帽。

a0116902_12152083.jpg
同社の母体は鋳物工場で、本業は産業用マシンの部品や
鋼鉄のパーツを作っているという。
その中の家庭用品ブランドがシャスールだ。

産業部品の世界から見れば、
20センチだろうと、30センチだろうと、
鍋なんか小さなものだろう。

最近は日本がビックマーケットに成長しているという。
写真のような小さなココット(IH からレンジ、直火まで使える)など
フランス人にとってはミニチュアのような
商品をたくさん発表していた。

写真の3色のミニココットは、ちょっとモダンすぎるデザインかな…。
個人的にはクラシックの方がシャスールらしいと思う。
[PR]
by kitchen-kokoro | 2012-06-19 10:11 | キッチンツール | Comments(0)

キッチンジャ―ナリスト、エディター&ライターとして編集や取材執筆にたずさわる、本間美紀のブログです。キッチン、暮らし、インテリア、住まい、食、デザインをつなぎます。
by Miki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

外部リンク

ブログジャンル

住まいとくらし
建築・プロダクト

検索

ブログパーツ

  • 掲載の写真の転載不可。

ファン

Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム