エキサイトイズム

ミラノの前の何万字

ミラノサローネの出張前は仕事が立て込みました。
ブログも全く更新できずです。

a0116902_025841.jpg
マイホームプラス(エクスナレッジ刊)では、
収納と動線から考えるキッチン、
というベーシックなテーマに
迫ってみました。
見せるキッチンというよりも
コックピット的な使い勝手に迫った切り口で
取材・撮影を進めました。
でももちろんみなさん、とてもおしゃれなキッチンです。

そのうちのお一方は、私が過去につくった特集やムックを見て
キッチンを依頼したそうで、こんな出会いが1年に数回あります。
伝わっている感じがしてうれしい。

もう一つ。
ゆるいんですがある程度、
現実的な条件を出して(マンションや建売住宅の細長い空間)、
建築家やデザイナーに
架空のキッチンプランをつくってもらう。
そんな企画をマイホームプラスで手がけました。
いくつも現場を持つ、大忙しの売れっ子たちを
捕まえるのは大変でしたが(ちょうど期末でしたし)、
なんとか協力してもらえました。

これが意外と面白い!
なんかもっとたくさんの人でやったら見応えあるかも…みたいな。
実は昨年もちらっとやっていて、面白いなと思って今年もやってみたら
またまた面白いな…という感じ。

a0116902_0252248.jpg
エルデコではバスルーム特集を担当しましたが
これは難しい。
エルデコの記事は海外のインテリアをお手本に
切り込むことが多いので、
どうしても日本の浴室環境と
リアルに整合しない点もありますが
そこをどう提案して行くかは
いつも編集部と話しあいを重ねるところでもあります。
メイン特集のグリーンが見応えありそうですね。

a0116902_0414595.jpg

そしてコンフォルト誌。
リニューアルして版型が変わったことにも
気づいていませんでしたが
経験豊かな大人の編集者たちがしっかり
つくっているところは変わらず。

編集方針や原稿チェックで「室内」誌のような、
骨太な精神を残しているようなところもあって、
仕事していて共感できる点がたくさんあります。

今回は造作家具の特集で、
造作に直球で切り込むのはかなり久しぶりでした。
書き手の方も私なぞはまだまだヒヨッコで
偉大な大先輩方の記名が連なっていました。

そしてまだ手元に届いていませんが
アイムホーム誌(商店建築社)のキッチンマテリアル特集や
あのオーダーキッチン会社の社長の、
独占インタビューを担当しました。
(独占…ではないのですが、そんな雰囲気なのがイイ!)
アイムホームはまず文字量が圧倒的に多いのが特長です。
編集長の角田女史は肩で風切るような名物編集長ですが、
彼女の硬派な方針は、この半端ない文字数にまず出ていると思います。

ということで3月は何万字書いたでしょうか?

本音で言えば書いている時は、なかなか苦しい。
でもこの仕事をどうして20年も続けていられるのか。
それはそこに書くべきことがあるからです。
[PR]
by kitchen-kokoro | 2012-05-06 00:23 | いろいろな仕事 | Comments(1)
Commented at 2012-05-06 04:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。

キッチンジャ―ナリスト、エディター&ライターとして編集や取材執筆にたずさわる、本間美紀のブログです。キッチン、暮らし、インテリア、住まい、食、デザインをつなぎます。
by Miki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

画像一覧

最新の記事

リアルキッチン&インテリア ..
at 2017-11-21 17:05
11月24日 17時〜蔦屋家..
at 2017-11-13 18:49
久々の更新です
at 2017-11-04 17:07
10月12日 14時から 大..
at 2017-10-03 23:18
ドイツキッチンの取材に来てお..
at 2017-09-20 14:17

外部リンク

ブログジャンル

住まいとくらし
建築・プロダクト

検索

ブログパーツ

  • 掲載の写真の転載不可。

ファン

Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム