エキサイトイズム

食卓から見る、これからのキッチン

キッチンのプランニングや開発は、
食生活の変化との関わりが
欠かせないところです。

今月届いた日経消費ウォッチャー(日本経済新聞社)から、
ちょっと気になるトピックスを拾い読み。

◯過去5年間で外食が減った人が43%

今年の3月に全国の男女1万人への調査結果で、
家で3食食べるが4割超。
気をつけていることは「野菜を食べる」。

食生活の改善のきっかけは
男性は「体質改善」、女性は「出産」です。
育児世代に提案するキッチン、
シニア世代の老夫婦に提案するキッチンなどのヒントになりそうです。

外食が一番減っている年代は50代以上で47%。
シニア世代のリフォームなどは、
キッチンが一つの鍵になるかもしれません。

(マイボイスコムの調査より)

また別の調査では食卓の微妙な変化が報告されています。

◯食卓の風景が変わっている。

主菜副菜+ご飯+汁という食事のひな形が
変わりつつあります。
家庭の献立も一枚の皿にいろいろな料理が盛られる
ミニバイキングスタイルが進行中だそうです。
「AKB48型料理」ともいうそうな…。

そういえば最近「部活レシピ」という料理本を見ました。
塾や部活で忙しい子どもたちをもつ親のための料理本。
食事の時間が不規則になる、
お腹がすいたときに食べられないという
イマドキの子のライフスタイルに
合わせた食事を紹介していました。
1日3食という言葉もそのうち、変わってくるのかな。

そしてここ10年間で家庭で登場が減っている
定番料理とは…
にぎり寿司、天丼、うな丼、カツ丼などだそう。

かつては店屋物で取るごちそうというイメージでしたが、
こういった一点豪華主義は
ミニバイキングスタイルとは全くベクトルの違う食事ですね。
野菜、肉、魚、など、バランスよく食べる
食習慣が定着したのか。
デリプレートなど、カフェ飯の影響なのか。

また食卓満足度で高かった理由は
「家族が全員そろった」という項目でした。

(ライフスケープマーケティング会長斎藤隆氏の記事より)
[PR]
by kitchen-kokoro | 2011-05-15 19:45 | キッチン | Comments(0)

キッチンジャ―ナリスト、エディター&ライターとして編集や取材執筆にたずさわる、本間美紀のブログです。キッチン、暮らし、インテリア、住まい、食、デザインをつなぎます。
by Miki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

外部リンク

ブログジャンル

住まいとくらし
旅行・お出かけ

検索

ブログパーツ

  • 掲載の写真の転載不可。

ファン

Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム