エキサイトイズム

ドイツのキッチン・ポーゲンポールのカイポって

ドイツ、ポーゲンポールの本社。
ハノーバーやミュンスター近郊の
キッチンメーカーが集まる「キッチン街道」にある。
その工場を視察した。

いかにもドイツらしい近代的でモダンなキッチンは、
100%この本社内の工場でつくられ、7割が手作業。
ジャーマンメイドにこだわるドイツ企業だ。

a0116902_2120411.jpg
ポーゲンポール社はかの有名な「カイゼン」を取り入れ、
工程や工具の整理の仕方など、
独自の方法を生み出している。
たとえばこの工具置きは、研修生がカイゼンの発想を学んで
試作したものだと言う。
なんだか美しい。
「ポ」ーゲンポールと「カ」イゼンということで
この会社では「カイポ」という言葉が
社内用語としてオフィシャルに使われている!

仕事場がきれいな会社はたいてい、
製品も仕上げもきれい。
とは、よく聞くような話だけど、
ここでもそんな話が見学者から出ていた。

a0116902_21211631.jpg
木紛飛び散る工場の中に、こんなはっとする光景を見つける。
ただの作業場なのにかっこいい…。

そしてポーゲンポールミュージアムは
工場の中にある。
つまり工場の中に立ち入ることを許された人しか、
このミュージアムに入ることはできないようだ。
理由は不明。
(ショールームは別にあり、そこは多くの取引先が入ることができる)。

a0116902_21421234.jpg
1892年に生産された世界初の「キッチン家具」。

a0116902_21213843.jpg
1950年代の戦後の復興期に生まれた
システムキッチン。現在の原型に当たるけれど、
なんとなくヒューマニックな温かみがある。

a0116902_2122135.jpg
これは超おあそび??!
70年代にルイジ・コラーニがデザインしたもの。
球形システムキッチン。
「2001年宇宙の旅」的な近未来への憧れがギンギン。

a0116902_21221248.jpg
そんなポーゲンポールの歴史が詰まった場所で
自分がつくった本が置かれているのを発見!
こんなとこで出会うとは!うーん、やっぱりうれしぃ。
2007年頃の製品だから、この中では若造だけど。

a0116902_21321767.jpg
工場見学の後は、ポーゲンポールのキャビネットが
いかに頑丈にできているか。
同社のマーティン・ギル氏が
キッチンの上に引出しをのせて
その上に載り、がんがんとジャンプしてみせる!
これは本当に自信がないとできないことだろう。

ポーゲンポール ジャパン

前回2007年の、ポーゲンポール本社の訪問はこちらにて。
男のキッチン 世界標準
[PR]
by kitchen-kokoro | 2011-02-12 21:32 | 海外キッチン | Comments(0)

キッチンジャ―ナリスト、エディター&ライターとして編集や取材執筆にたずさわる、本間美紀のブログです。キッチン、暮らし、インテリア、住まい、食、デザインをつなぎます。
by Miki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

外部リンク

ブログジャンル

住まいとくらし
建築・プロダクト

検索

ブログパーツ

  • 掲載の写真の転載不可。

ファン

Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム