エキサイトイズム

2つのキッチン―2010の終わりに

2010年も終わる12月。

印象的な二つのキッチンを見た。

ミサワホームの「エコフラッグシップモデル」住宅の
コンセプトキッチン。
a0116902_12183029.jpg
人工結晶に覆われたワークトップ。
グラスルーチェに仕込まれたバックパネルのモニター。
IH クッキングヒーター。
各キャビネットは可動式のワゴンタイプで、
暮らしのシチュエーションに合わせて動かせる。
テーブルと一体型のキッチンは、日本でもすっかりおなじみのスタイルだ。


a0116902_12212970.jpg
キッチン脇のスペースでは、
植物成長促進ライトでハーブや野菜を生育できる。
ってか、これがイマドキのガーデンか!
このあたりは
今年のミラノサローネやトーヨーキッチン&リビングで
実用化されている注目の分野。

そしてこの家全体は太陽の光と熱を
無駄なくを活用できるシステムに貫かれている。

a0116902_12213439.jpg
そしてこちら。
築70年の古家付き土地。
都内で新宿からわずか10分の場所。
ほとんど値段のつかないウワモノだったため、
土地を格安で手に入れ、
予算はリノベーションへ注入!

デザイナーはわたくし曰く「ほっこリノベ」の神、
関洋さん。

a0116902_12304497.jpg
木組みを意匠的に残して、
古家の味わいを楽しむ設計。
若いご夫婦と子どもが暮らす家だという。
前の家族が柱に貼った
ウルトラマンのシールの跡
なんてのも残している。

a0116902_12213743.jpg
必要な構造をしっかりと入れ直し、
不要なものを徹底的に省いてつくる家。
キッチンもシンプルな箱。

a0116902_12304974.jpg
採光を確保するため、やむなく切ったという
庭のみかんの木を、
土間に柱のように立てていたのが印象的。
飼い猫ののぼり棒&ツメ研ぎに使うんだって。

全くベクトルが違うけれど、
どちらも二つのエコな世界。
それぞれ必要な方向。
[PR]
by kitchen-kokoro | 2010-12-28 12:31 | キッチン | Comments(0)

キッチンジャ―ナリスト、エディター&ライターとして編集や取材執筆にたずさわる、本間美紀のブログです。キッチン、暮らし、インテリア、住まい、食、デザインをつなぎます。
by Miki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

本間美紀の本 

リアルキッチン&インテリア シーズンⅡ(小学館)発売中

リアルキッチン&インテリアⅠ(小学館)

内容はこちらでも紹介しています!

外部リンク

ブログジャンル

住まいとくらし
旅行・お出かけ

検索

ブログパーツ

  • 掲載の写真の転載不可。

ファン

Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム