エキサイトイズム

ニコライ・バーグマンさんの「キッチンでリビングwithフラワー」

7月末、池袋西武で行われたイベント「インテリアライフスタイル@池袋西武」。
その併催イベントで、あのニコライ・バーグマンさんが
キッチンでお花のあしらいを披露する、というトークイベントの
司会を務めさせていただいた。
a0116902_20323257.jpg

(ブログをだいぶ休んでしまったので、
後追いの情報ばかりで失礼)

会場となったキッチンスタジオは、池袋西武のリビングフロアにあり、
ふだんはキッチンツールを実演販売するなど、
さまざまなデモンストレーションに使われているという。
3連IHクッキングヒーターを備える、
パナソニック電工のリビングステーションが入っている。

で、ニコライさんの手元はやっぱり魔法のよう。
キッチンにあるものを使った花のアレンジや、ニコライトーンと言われるブーケ。
もう司会しながら、かぶりつき、というか、
司会をしている自分を忘れそうになるくらい、引き込まれていった。
お話もうまいんです、ニコライさんは。
全2回のトークで8種類を作った中から、気になったものをちょっとご紹介。

グリーンのトーンだけを重ねたブーケ。
「同じグリーンでも濃淡や花や葉のかたち、テクスチュアに変化をつけるだけで
こんなに豊かな雰囲気になります」。
a0116902_20313778.jpg
全体で見て美しく、近寄ってみると、ちょっと「おや?」と思う
サプライズを込めるのがニコライ流。
ここでも粟の穂や小さな花がぴょこんと顔を出している。

そして素敵なブーケをつくるコツは、
「考えすぎずにリラックスすること」なのだと
言う。目と手が感じるままに、花を組んでいく。
いま、自分がブーケをつくっているということを
忘れてしまえば成功!とは、すごいお言葉。

a0116902_20321327.jpg
そしてシャンパングラスを使ったアレンジ。
これは‘顔のある’花を挿す。
そして山ゴボウなど、たらりと垂れる
流れのある植物をプラスすることで、
遊び心が生まれる。
「花の挿してあるグラスと、飲み物の入ったグラスを
一緒にトレーに載せれば、
ウェルカムドリンクの演出になります」。
なるほど〜。

ニコライさんが花を組み出すと、
たくさんの人が足を止めてみていた。
小さなキッチンスタジオなので、ニコライさんとの距離も近い。
入場無料で、かぶりつきで彼の手元を見られる。
思い返してみれば、かなりすごいことだったかも。

去年はexciteガルボの特集で
彼のインタビュー記事を担当したけれど、
ニコライさんの「腰の低さ」と「努力家」のお人柄に
ノックアウトされたインタビュー経験でした。

ニコライ・バーグマン 北欧を和を融合するアーティスト
[PR]
by kitchen-kokoro | 2010-08-18 20:34 | お花、グリーン | Comments(0)

キッチンジャ―ナリスト、エディター&ライターとして編集や取材執筆にたずさわる、本間美紀のブログです。キッチン、暮らし、インテリア、住まい、食、デザインをつなぎます。
by Miki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

画像一覧

最新の記事

11月24日 17時〜蔦屋家..
at 2017-11-13 18:49
久々の更新です
at 2017-11-04 17:07
10月12日 14時から 大..
at 2017-10-03 23:18
ドイツキッチンの取材に来てお..
at 2017-09-20 14:17
深い味のチーズを食べたくなる日
at 2017-09-09 19:44

外部リンク

ブログジャンル

住まいとくらし
建築・プロダクト

検索

ブログパーツ

  • 掲載の写真の転載不可。

ファン

Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム